人気ブログランキングへ 

タイガー・ウッズ、世界ランキングトップ返り咲き!完全復活への道標

2013年03月26日 07:41

 ベイヒル クラブ&ロッジで開催された『アーノルド・パーマーインビテーショナル』において、タイガー・ウッズが今季3度目の優勝、PGAツアー通算77勝を挙げた。

 これで、世界ランキングも2010年10月30日以来、2年5月ぶりの1位に返り咲いた。

 また、フェデックスカップのポイントランキングもトップに立つことになる。

 タイガー・ウッズと『アーノルド・パーマーインビテーショナル』の相性は非常に良く、過去16回の出場中、8回も優勝(2000・2001・2002・2003・2008・2009・2012・2013年)を飾っている。

 これはサム・スニードが『グレーター・グリーンズボロ・オープン』で記録した8勝と並ぶ、同一大会優勝回数記録のタイ記録。

 タイガー・ウッズはかため打ちが多く、『ファーマーズ・インシュランスオープン』、『WGCキャデラック選手権』、『WGCブリヂストンインビテーショナル』の大会も得意で、それぞれ7勝を挙げている。

 今年の3回の優勝はいずれも相性の良い大会で、この『アーノルド・パーマーインビテーショナル(3月21~24日)』の他は、『ファーマーズ・インシュランスオープン(1月24~27日)』と『WGCキャデラック選手権(3月7~10日)』。

 それだけに、過去に7勝を挙げている8月1~4日開催の『WGCブリヂストンインビテーショナル』も大いに期待できる。

 こうした過去に刻みこんだ道標を着実に歩むところが、タイガーの戦略のしたたかさ!

 次のタイガー・ウッズの出場予定は、4月11~14日開催の『マスターズ』。

 こちらも過去4回の優勝を飾っているだけに、メジャー大会優勝で完全復活に花を添えてほしい!!



 ゴルフツアー トーナメント情報 カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
 〔解決ナビ スタート〕に戻る
スポンサーサイト



最新記事