人気ブログランキングへ 

ラッセル・ヘンリー、史上4人目の快挙!PGAツアーデビュー戦優勝

2013年01月14日 14:07

 ワイアラエCCで行われたUSPGAツアー2戦『ソニーオープンinハワイ』で、ルーキーながらラッセル・ヘンリーがティム・クラークを抑えて、初優勝しました。

 ラッセル・ヘンリーは大学生でありながら、2011年ウェブドットコムツアー(PGA下部ツアー)で初優勝、その後もプロ転向して年間2勝を挙げ、昨年賞金ランク3位でPGAツアーのシード権を得たばかりのルーキーです。
 
 PGAツアーのルーキーがデビュー戦で優勝したのは、2001年の「タッチストーンエナジー・ツーソンオープン」のギャレット・ウィルス以来12年ぶりのこと。

 PGAツアー史上4人目の快挙となります。

 15番から18番ホールまで4連続バーディーのティム・クラークも圧巻でしたが、ラッセル・ヘンリーはそれを凌ぐ5連続バーディーの通算24アンダー。

 PGAツアーのレベルの高さを感じさせる素晴しい内容でした。

 PGAツアー初戦の『ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ』は、3日目まで強風で中止になり、その後、54ホールで争われた波乱の幕開け。

 2戦目はルーキーのツアーデビュー戦優勝と、今年のPGAツアーはなかなか面白い!!


 ゴルフツアー トーナメント情報 カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
 〔解決ナビ スタート〕に戻る
スポンサーサイト



最新記事