人気ブログランキングへ 

力み解消とナイスショット

2010年02月19日 07:00

 ミスショットをすると、力み過ぎだと周りから指摘される方は結構多いと思います。

 では、なぜスイング中に力んでしまうのか?という問いに対する答えは、動作中、息を止めることに原因があります。

 筋肉呼吸を止めると硬直するために、強弱リズムを失って、十分な機能を果たすことができなくなります。

 以前、ウォーキングナイスショットの関係について書いた際に、歩きのリズムスイングリズムの基本と説明しました。

 ウォーキング時には、自然と深呼吸することができるので、スイングリズム呼吸によって生まれると言い換えてもいいと思っています。

 普段から積極的に歩くことを薦めているのは、このためでもあります。

 スイング中における呼吸の状態は、アドレスでは息を止めずにリラックスして、バックスイングからトップの位置まで息を吸いながら行ないます。
 
 次に、息を吐き出すことにより、ダウンスイングを開始しますが、この息が止まる瞬間がよく言われる『スイングの間』というものです。

 後は、吐き続けながらフィニッシュまで一気に振り切ります。

 体幹の大きな筋肉を呼吸に併せて使うことを意識して、から先の小さい筋肉はできるだけ使わないように心がけるとよいでしょう。

 力みに悩んでいる方に、力を抜けと言っても簡単にできるものではないですし、必要な箇所の力まで抜きすぎてしますことになりがちです。

 そこで、リラックスする方法のひとつとして、ラジオ体操がお薦めです。

 言わずと知れたラジオ体操ですが、キビキビと強弱を意識してやれば、緊張弛緩を繰り返すことにより筋肉をほどよくリラックスさせることができます。


 呼吸法ラジオ体操によるリラックス効果で ナイスショット!!

 ゴルフその他ボディケア カテゴリ 〔サイトマップ〕に戻る

 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
                                  
 〔解決ナビ スタート〕に戻る
スポンサーサイト



最新記事