人気ブログランキングへ 

F-18戦闘機仕様『Jyuraku Elixir Driver(じゅらくエリクサードライバー)』

2012年03月21日 23:10

 ルーツゴルフはF-18戦闘機の着陸脚にも採用されているスーパーアーメット鋼をフェース素材に使った『Jyuraku Elixir Driver(じゅらくエリクサードライバー)』を発売する。

 スーパーアーメット鋼とは、鉄にコバルト15%、ニッケル11%、クロム2%、モリブデン1%を配合した超高強度合金特殊合金(米国カーペンター・テクノロジー社製)。

 金属の強さを示す降伏耐力1,896Mpa、引張強度2,172Mpaは6-4チタンの数値の2.4倍に相当し、壊れにくく、粘り強い性質のため、ゴルフクラブのフェース材料に適している。



 ただし、溶接では接合できないなど加工が難しいため、ゴルフクラブに利用しているのはルーツゴルフだけ。

 スーパーアーメットフェースとチタンボディを特殊ブレージング加工で結合している。

 従来のスーパーアーメットフェースドライバーは比重が非常に重いため、浅重心になりやすいデメリットがあった。

 従来品に比べて重心深度を6%深くすることで、弾道が高くなり、スーパーアーメット鋼特有のロースピンとの相乗効果で飛距離性能アップを図っている。

 総重量が283gの超軽量ドライバーの部類だが、高弾道タイプの軽量シャフト(46g)と軽量グリップ(37g)のためで、ヘッド重量は軽くはなく、D3バランスとなっているのでヘッドの重さを感じながら正確なインパクトがしやすく、パワーも伝わりやすい。

 また、クリックシリーズドライバーで実績のあるキャビティソールを採用。

 ソールの窪みはヘッド内にボールとの衝突エネルギーを蓄積し、最適なタイミングで一気にエネルギーを放出するというもの。

 窪みをも従来品より大きくなり、飛距離性能の前モデル比はヘッドスピード35~38m/sで107%、39~46m/sで108%の結果となっているらしい。

  価格比較 Jyuraku Elixir Driver(じゅらくエリクサードライバー)


 スペック別クラブ一覧 カテゴリ 〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る                                 
 〔解決ナビ スタート〕に戻る
スポンサーサイト



最新記事