人気ブログランキングへ 

リラックス&集中力とナイスショット

2010年02月03日 22:57

 人間が集中力を発揮できる持続時間は脳生理学的には45分程度だと、子供の頃にロシアの学者が書いた本を読んだ記憶があります。

 ゴルフハーフラウンドで2時間前後の時間がかかりますので、当然その間ずっと集中し続けていることは難しいことですね。

 ボールを打つまでにやるべきことは、まず、ホールごとにハザードの位置、風向きライなどの状況把握をした上で、どんなクラブ選択をして、どんな球筋攻略するかの戦略を立てます。

 次に打つべき球筋ナイスショットイメージができたら、時間を置かずにボールを打ちましょう。

 このボールを打つ瞬間に集中の頂点が来るように集中力を徐々に高めるように努めましょう。

 打ち終わってボールの位置を確認したら、集中の糸をほどき、できるだけゴルフに関係ないことを考えたり、仲間と話をしたりしてリラックスをして下さい。

 肩の力が抜けずに緊張しているようなら、首に付くように両肩を挙げた後、力を抜いて肩を落とすと肩甲骨周りの血液循環が良くなってリラックスできます。

 人間が集中するには、一度完全にリラックスの状態にすることが肝心です。

 プロゴルファーショットの後リラックスできるように帯同キャディゴルフとは関係ない話をするのも、プロゴルファーが次に集中しやすい状況を作り出すためです。

 ゴルフは他のスポーツと比較して考える時間が長くとれるので、とかく考えすぎに陥りがちです。

 皆さんもショットを打ち終わる前の数分間以外は、仲間との談笑やゴルフ場の景色を楽しんで日頃の疲れを癒して下さい。


 集中のためのリラックスナイスショット!!

 ゴルフメンタルトレーニング カテゴリ 〔サイトマップ〕に戻る

 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
                                  
 〔解決ナビ スタート〕に戻る
スポンサーサイト



最新記事