人気ブログランキングへ 

ゴルフレッスン本とナイスショット

2009年12月30日 21:07

 ゴルフを始めて上達したいと考えた時、手段のひとつとしてゴルフレッスン本を読んで自分で勉強しようと思うのが一般的のようです。
 
 ただし、文章で書かれているテクニックを理解することは非常に難しいということです。
 
 例えば、紐で結んで履く靴を知らない子供にゴルフシューズの靴紐を結わく動作を手本で見せて覚えさせるのは簡単なことですが、手本を見せずに言葉だけで理解されるのは困難なことです。
 
 だからといって、ゴルフレッスン本がすべて無意味だと言っている訳ではありません。
 
 本からテクニックを学ぶのには少し注意が必要で文章を理解して左脳で覚えるより、手本動作の連続写真からイメージとして右脳で覚えるほうが理解が早いようです。
 
 動作を覚えるのに私が一番いいと思う方法は、理想とするプロゴルファーナイスショットを撮影したDVDを繰り返し見ることです。

 頭でイメージ映像として再現できる程になれば、あなたのスイングに劇的な変化が現れるはずです。
 
 本の話から少し脱線してしまったので話を戻しますが、左脳を比較的使わずにある動作を覚えるのにはドリルが有効と思います。
 
 ティーチングプロとして有名な江連忠プロの著書(オンプレーンスイング”ドリル45)には、数多くのドリルが紹介されていますので参考にしてはいかがでしょう。


 右脳活用で ナイスショット!!


 ゴルフ便利用品 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る                                  
 〔解決ナビ スタート〕に戻る
スポンサーサイト



最新記事