人気ブログランキングへ 

柔らかシャフトとナイスショット

2010年01月28日 23:37

 スイングリズムテンポの安定がショットの飛距離と方向性の安定に繋がるということは以前に説明しました。

 でも、ドライバーを持つと、かっ飛ばしたくなって、ついついリズムを壊してしまいがち。
 
 ドライバーからフェアウェイウッドアイアン、ウェッジに到るまで同じリズムで打つことがミスショットしない秘訣ですから、最初のドライバーでリズムを狂わすスイングは控えるべきだと思います。

 ただし、普通にボールを打っているだけでは、自分のリズムとテンポを身につけるのは難しく感じる人も多いようです。

 こう感じる方は大抵の場合、グリップを強く握りすぎて、クラブヘッドの重さを感じられずに手打ちになっているのが原因と考えられます。

 レディースシャフトより更に柔らかいシャフトの練習器具で練習することで、ミスショットの原因とされる手打ちによる打ち急ぎや力任せのスウィングが自然に矯正できます。

 私が利用しているのは、プロギアで発売していたリズムドクターですが、他にも同様の練習器具(YAMANI リズムドクタードクタースローモーアイアンドクタースローモー)が安く発売されていますので、そちらを利用しても同様の効果が得られると思います。

 どちらも実際にボールが打てますので、これで真直ぐ打てるように練習してみましょう。


 柔らかシャフトで正しいリズム、正しい体の回転を身につけてナイスショット!!

 ゴルフトレーニンググッズ カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る

 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
                                  
 〔解決ナビ スタート〕に戻る
スポンサーサイト



最新記事