人気ブログランキングへ 

ワンハンドスローとナイスショット

2010年01月25日 22:52

 プッシュアウトやヒッカケが多く、目標方向に打ち出せない方は、フェースローテーションリリースのタイミングに問題があるかもしれません。

 ゴルフは右手の動きと左手の動きのそれぞれが邪魔をしないように、両手をうまく使ってボールを飛ばすことが肝要となります。

 それぞれの手のフェースローテーションとリリースのタイミングを覚えるために、次のドリルを試してみて下さい。

 ①部屋の中でも行えるように、室内練習用に市販されている柔らかくて軽いボール をご用意下さい。

 ②そのボールを片手に持ったまま、目標となるものを決めて、目標に対してゴルフのアドレスをとります。

 ③片手だけでゴルフのスイングをするつもりで下半身も使いながら、目標に向けてボールを投げます。

 ④右手も左手も同じように実践して、ボールの回転と飛球方向の傾向を観察して下さい。


〔ボールの回転状態について〕

 ボールが右回転(スライス)している場合は、フェースが閉じるタイミングが遅いか開いたままの状態を示し、

 逆に左回転(フック)している場合は、フェースを閉じるタイミングが早すぎます。


〔ボールの飛球方向について〕

 ボールが目標の右側に外れた場合、リリースのタイミングが早いことになりますし、
 
 逆に左側に外れた場合は、リリースのタイミングが遅いということになります。

 どちらの手で投げた時でも、ボールにサイドスピン(横に回転)がかからずに、真直ぐ目標に当たるまで、繰り返し練習して下さい。

 ボールが真直ぐ投げられるようになると、片手でクラブを持ってショットしてもボールを真直ぐ飛ばせるようになりますよ!


 ワンハンドスローで ナイスショット!!

 ショット安定テクニック カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
 〔解決ナビ スタート〕に戻る
スポンサーサイト



最新記事