人気ブログランキングへ 

ぶっ飛び系なのに可変式!ロケットボールズドライバー

2012年01月27日 12:12

 2011年に引き続き、2012年も白が市場を席巻するのか?

 白い新ブランド『TaylorMade RocketBallz(テーラーメイド ロケットボールズ/RBZ)』シリーズが2012年2月24日に発売される。

 アメリカウケしそうなコミカルな名称はちょっと安直すぎる気もするが、デザインは文句なくかっこいい。



 ドライバーに求められる性能といえば、飛んで曲がらないこと。

 クラブヘッド前方の低い位置に重心を配置した「ロー・フォワード・シージー設計」で、高い打ち出し角とロースピンを生み出し、伸びのある弾道を可能とするらしい。

 三菱レイヨンとの共同開発による新シャフトは、軽量(S=51.5g, R=47.5g)、中央の手元寄りに重量配分した軽バランスポイントで、振り抜きと捕まりの良さを重視した設計となっている。

 よく飛んだとしても、あらぬ方向に飛んでは意味がないので、直進性の向上のためにバーナースーパーファスト2.0シリーズでも採用されていた「バリアブル・バルジ・アンド・ロール」も搭載している。

 ロケットボールズ(RBZ)ドライバーは飛距離性能を特化したモデルで、バーナーシリーズの後継ブランドとも言えそうだが、嬉しいことに弾道調整も付加されている。

 飛距離性能を損なわないように配慮したためか、「MWT(ムーバブル・ウェイト・テクノロジー)」や「ASP(アジャスタブル・ソール・プレート)」などのウェイトコントロール系は排除されているが、ロフト角とフェースアングルを調整できる「FCT(フライト・コントロール・テクノロジー)」は搭載され、最大60ヤードの幅で、自分好みの弾道に調整することができる。

 可変式ドライバーは欲しいが、飛ばないドライバーは嫌だと敬遠していた人には朗報なのでは?

 予約開始 楽天価格比較 RocketBallz(ロケットボールズ/RBZ)ドライバー
        GDO先行予約 ロケットボールズドライバー(RB-50)


 スペック別クラブ一覧 カテゴリ 〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る                                 
 〔解決ナビ スタート〕に戻る
スポンサーサイト



最新記事