人気ブログランキングへ 

グローレ試打インプレッションとその特徴

2012年01月26日 11:50

 テーラーメイドのGLOIRE(グローレ)は、日本人の体格やゴルフ環境などを考えた日本で立ち上げられたプロジェクト。

 今回はテーラーメイド公式サイトで、試打インプレッションや特徴などの音声でアナウンスされている部分などを文字におこしていきたいと思います。

【~ 試打インプレッション 青木功プロより ~】

Q.グローレを試打した感じは?

A.今すぐ使えるね

  やっぱりこう なんていうのかな

  優しさというのはR11よりも もうちょっと先にいったね

  なぜかと言うと やっぱり 振ってて違和感が無いし

  なんていうのかな 今まで手で細工しないで

  すっと置いたままで打てるから すごく楽だし

  R11に続いて これも使いやすい感じが湧いてきたね


Q.弾道と飛距離性能は?

A.そうですね。だけどあまり高い高いと言っても 無理して上げる必要もないし

  勝手にクラブがやってくれる時代になってきたんいで

  そういう意味では我々の年代 僕は69歳になりますけど

  60歳前後から75歳くらいの人達がちょうど

  何にもしなくて 勝手にスイングしているだけで

  ボールが勝手に飛んいってくれるクラブになったで
 
  そういう人達にぜひ使ってほしいなと思いますね


Q.クラブのバランスは?

  バランスは この~ だから~ そう~ 今~60歳を境にして

  まあ5歳10歳の前後でいくならば

  D3くらいで十分じゃないかな

  クラブが勝手にやってくれるという事で使う

  打つ本人がクラブまかせでやってほしいなぁと

  自分の意思はもういらない

  打てば飛ぶ

  そういう感じのクラブですよ


【特徴】
 反発力の高い鍛造フェースを搭載し加速するヘッドスピードでやさしく高弾道で飛ばす

□ 視覚効果
   美しくオーソドックスな洋ナシ形状のヘッド
   フェースの向き、スイング軌道の確認に役立つホワイトクラウン

□ 飛びやすさ(ヘッドスピード40m/s前後でも高弾道テクノロジー)
   ・ウルトラ・シン・ディンプルクラウン
     ・・・クラウン部のディンプルパターンによる薄肉化
       (ヘッドの軽量化・低重心化)

   ・ニューエアロ・ヘッドデザイン
     ・・・空気抵抗を軽減によるヘッドスピードの向上

   ・インバーテッド・コーン・テクノロジー2
    〔フェース素材(フォージド・アルファ・ベータ・チタン)〕
     ・・・スィートエリアの拡大によるやさしさ
       (従来のITCよりスイートエリアが20%拡大)

   ・チューンド・シージー・ウェイト(5g)
     ・・・低重心化+つかまりやすさ
 
   ・GLOIREサウンドリブ
     ・・・心地よい打球音

   ・グローレ専用シャフト
   〔クラレ「ベクラレン」層+東レ「NANOALLOY」層〕
     ・・・軽量でありながら、振りぬきの良さと強いはじき感

   ・46.5インチのクラブレングス
     ・・・長尺によるヘッドスピードアップ

□ 調整しやすさ(可変式)
   ・FCT(フライト・コントロール・テクノロジー)・
     ・・・8つのポジションからロフトの選択が可能

 
 
【仕様】
テーラーメイド グローレドライバー ヘッドスペック
テーラーメイド グローレドライバー シャフトスペック

【発売予定】
  3月23日から順次発売予定
※GL550は4月下旬発売予定

【予約受付】
 価格比較 グローレドライバー
 GDO先行予約 GLOIRE ドライバー GL450

 GDO先行予約 GLOIRE ドライバー GL550


 スペック別クラブ一覧 カテゴリ 〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る                                 
 〔解決ナビ スタート〕に戻る
スポンサーサイト



最新記事