人気ブログランキングへ 

スイングウェイトとは?〔ゴルフ用語説明〕

2011年08月11日 15:21

 スイングウェイト とは ・・・


 クラブヘッドの重さをどの程度感じるかを表した指標のことを言います。

 また、スイングバランスとも言います。

 理論上の考え方は、クラブを水平にした時、クラブ全体がバランスのとれる重心を探します。

 その重心からグリップの端までの距離(インチ)を測り、これから14インチを引きます。(12インチを引く方式もあります。)

 この距離とクラブの総重量(オンス)を量ったものを掛けます。

 これをインチオンスと呼びます。

 このインチオンスを換算表に照らし、アルファベットのA~Fと数字の0~9を組み合わせたもので表示したものがよく目にするスイングウェイトという訳です。

 一番多くの人が振りやすいと感じたインチオンスが、D0として基準となっています。

 実際には、クラブをバランス計に乗せて測ります。
 
 一般的には、C0~E9までのクラブがよく使われています。

 手応えが一番軽く感じるのはA0で、F9が一番重く感じます。

 スイングウェイトを揃えて、各クラブの振りやすさを整えるために主に使われており、アイアンの各番手のように同じタイプのシャフトとヘッドの組合せでは効果があると言われています。

 しかし、ドライバーとアイアンのように、シャフトの重さやフレックスやヘッドの形状などが違う場合、どの程度効果があるかは専門家の間でも議論が分かれるところです。

 そもそも、どのスイングウェイトが自分に合うかの具体的な基準は無く、気持ちよく振れるスイングウェイトには個人差があるため、本人が数多くのクラブを実際に振ってみて探すしか方法ないのも問題と言えます。


 ゴルフ用語説明 さ行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト



最新記事