人気ブログランキングへ 

クラブバスとは?〔ゴルフ用語説明〕

2018年04月10日 11:57

 クラブバス(shuttle bus service) とは ・・・

 ゴルフ場利用客を送迎するために、公共交通の最寄り駅・バス停・空港・港などから経営するゴルフ場のクラブハウスまでの区間を往復運行している乗り合い自動車サービスのことを言います。

 ゴルフのプレーには広大な敷地を要することから、ほとんどのゴルフコースが郊外にあるため、ゴルフには車が欠かせない存在になっています。

 昨今では自家用車の所有率が下がってきていることもあって、見直されつつあるサービスの一つです。

 ただし、全てのゴルフ場が実施しているサービスというわけではなく、電車のダイヤ改正などの影響で変更・中止があったり、運行している場合であっても予約が必要な場合もあるので、事前にゴルフ場への確認をお勧めします。

 さて、ゴルフのプレーの後にはグラスを傾けながら、ゴルフ談義を楽しみたいという向きも多いものです。

 運転手が飲めない場合にはそのまま飲み屋に直行できても、そうでない場合には一旦帰宅した後、改めて落ち合うのも近所同士の人間でないと、なかなか大変だったりもします。

 そうした場合、電車などの公共交通機関を利用してゴルフ場に行くという選択肢が浮かぶのですが、最寄り駅まで行ったとしても、そこから歩いて行ける距離にはなかなかゴルフ場は存在しないというのが実態です。

 どうしても最寄りの駅からゴルフ場までは車を利用することになるわけですが、都会でタクシーを捕まえてちょっと乗る感覚とは違い、車でもかなりの遠距離を移動することで料金もそれなりに嵩む場合も多くなります。

 四人揃えば、一人当たりのタクシー料金は大した値段にはならないかもしれませんが、それでもただではありません。

 ゴルフ場側が用意してくれているクラブバスでは、ほとんどの場合がありがたいことに無料で送り迎えをしてくれています。

 毎日、ゴルフ場までの道のりを往復しているため、所要時間の目安も掛け値なしに計算できるのもメリットのひとつです。

 もし、キャディバッグを宅配便で事前に送っていない場合であっても、クラブバスならキャディバッグを持ち込んでも、あまり気兼ねしなくて済みます。

 というのも、ゴルフ宅急便が普及する前は、当然のごとく、キャディバッグを積み込めたからです。

 ただし、今では人の送迎だけしか想定していない場合も稀にあるので、事前にゴルフ場へ確認をしておいた方が無難ではあります。

 デメリットを挙げるとすれば、運営コストや電車の発着時間などの関係で、運行時間が非常に限られていることです。

 あまり遠くの場所にあるゴルフ場の場合、始発に乗ったとしても、送迎バスが運行している時間内には、どうしても最寄り駅まで辿りつけないエリアというものが出てきます。

 自分の家からだけでなく、全ての同伴競技者の家からも時間内に無理なく辿りつけることが条件ともなるわけですから、かなりハードルは上がります。

 それでも、条件に合うゴルフ場が見つかりさえすれば、心置きなく19番ホールまで楽しむことができるというのが魅力になってきます。

 ゴルフはプレーすること自体が楽しいことに間違いはありませんが、仲の良い同好の士と「ああだこうだ」と語らうのも格別の時間になりえます。

 そうした人生に大切な時間を作る手助けをしてくれていますし、自家用車を所有できない若い世代であったり、年齢的に運転免許を手放さざるを得なくなった世代の人であっても、ゴルフへの道を閉ざさず、導いてくれるクラブバスは、ゴルファーにとって大切な存在の一つとなっています。

 トップページで無料送迎バスサービスのあるゴルフ場を沿線・駅別に紹介しています。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト



最新記事