人気ブログランキングへ 

ゴルフを学ぶべき順番を間違えてしまうと・・・

2017年10月06日 11:00

 他のスポーツと比較しても、競技ゴルフに参加していない一般のアマチュアであっても、ゴルファーは非常に熱心に練習する方が多いというのが、ゴルフというスポーツの特徴です。

 「難しいからこそ、ゴルフは面白い 」とはよく言いますが、難解なだけで全く誰にも解けない問題だとしたら、ほとんどの人が諦めて、興味を失ってしまうはずです。

 でも、ゴルフに夢中になる人は後を絶たない。

 数は極少ないものの、あっという間に上達してしまう人が存在するからです。

 これは問題を解く何らかの道が残されている証でもあります。

 少しでも上手くなって、ゴルフの深淵を探ってみたいと練習に励みつつも、なかなか上達しないのはなぜでしょうか?

 これは、探すべき場所がそもそも間違っているということかもしれません。

 ゴルフを学んだり、習ったりする過程で、真面目な人ほど、どうしても時系列的に順を追って積み上げていきたいという心理が働くものです。

 アドレス、テイクバック、バックスイング、トップポジション、切り返し、ダウンスイング、インパクト、フォロースルー、フィニッシュの順番で、一つ一つクリアしながら学んでいこうと考えていませんか?

 基礎になることから積み上げて、しっかりとした土台の上に複雑な構造物を築き上げていく過程は確かに大事ですよね。

 でも、ちょっと待ってください。

 ゴルフスイングの動作の順序は、時系列的に基礎から応用へと進んでいくものではありません。

 ボールを目標に運ぶという目的に対して、身体の各部へ脳が命令を下し、身体の各部が連携しながら、手段としての動作が順序立てて進められているだけです。

 アドレスよりもテイクバック、・・・ダウンスイングよりもインパクト、・・・フォロースルーよりもフィニッシュといった具合に基本となる初級から、中級、応用となる上級へと難易度が上がっていくものではなく、この順番で修得していく必要はないということです。

 こうした勘違いは、『アドレス』が基本であるために生じています。

 なまじ最初に学んだ『アドレス』が本当に基本であるがゆえに、時系列的な次の過程であるテイクバックが次に学ぶべき重要なものと勘違いしやすいのが問題です。

 より簡単で重要なものを基礎として学ぶのが本来の手順であることには異論はないでしょう。

 ゴルフスイングに慣れていない初心者がまず学ぶべきは、正しい形を認識できる静止状態のポジションになることは自明のはずです。

 だからこそ、アドレスを基本として教えることが大切にされているわけです。

 アドレスの他に、静止状態を正しく認識できるのは、後はフィニッシュだけになります。

 一見すると、トップポジションも静止状態に見えるかもしれませんが、切り返し動作に移った結果、運動の方向が反転して、傍目には一瞬静止して見えるだけです。

 一般的に考えられているようにトップポジションの後に切り返すのではなく、切り返したからこそ、見かけ上のトップポジションが現れるという現象です。

 切り返しとトップポジションの順番も違えば、意識的に静止させているわけでもないというわけです。

 ですから、完全な静止状態を確認することができる『アドレス』と『フィニッシュ』だけ。

 最も簡単な『アドレス』と『フィニッシュ』から学ぶことがゴルフの迷路に嵌らないためには大切となります。


 簡単だからといって侮るなかれ。

 トーナメントで緊張状態を強いられる場合にあっては、強いプロほど、できるだけ簡単な方法を選択して実行するものです。

 アライメント調整はアドレスで、球筋の修正はスイングプレーンの傾き調整としてフィニッシュの高さなど、より簡単な方法で出球と球筋の管理をしているものです。

 重要な局面で誰もが拠って立つべきところだからこそ、基礎 だとも言えます。

 アドレスを学んだら、次はテイクバックではなく、フィニッシュを学ぶという解法の手順を間違えないでくださいね。


 事前準備 アドレス・アライメント カテゴリ 〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト



最新記事