人気ブログランキングへ 

公式戦とは?〔ゴルフ用語説明〕

2017年05月08日 11:33

 公式戦 とは ・・・

 そのゴルフツアーを主管する競技団体が主催し、メジャートーナメントと位置付けられるフラッグシップ的な大会のことを言います。

 比較的わかりやすいのが、日本国内の女子プロゴルフツアーの例です。

 2017年現在、開催日順で『ワールドレディスチャンピオンシップ』、『日本女子プロゴルフ選手権大会』、『日本女子オープン選手権競技』、『LPGAツアーチャンピオンシップ』の4つの公式戦が開催されます。

 この内、日本ゴルフ協会(JGA)が主催する『日本女子オープン選手権競技』以外は、日本女子ツアーを主管する日本女子プロゴルフ協会(LPGA)が主催するもので、国内メジャートーナメントに位置付けられています。

  『日本女子オープン選手権競技』は、昭和43年の第1回大会はTBS主催・JGAの後援としてスタートし、昭和46年から主催がJGAに移管されています。

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)が日本ゴルフ協会(JGA)から独立して発足されたのは昭和49年ですから、LPGA発足以前から『日本女子オープン選手権競技』はJGAが主催しているという経緯があり、そのまま現在に至っているというわけです。

 日本男子プロゴルフツアーでも、4つの国内メジャーとされる大会が開催されるのですが、主催する団体がどれも異なっています。

 『日本プロゴルフ選手権大会』は、日本プロゴルフ協会(PGA)主催。

 『日本ゴルフツアー選手権』は、日本ゴルフツアー機構(JGTO)主催。

 『日本オープンゴルフ選手権競技』は、日本ゴルフ協会(JGA)主催。

 『日本シリーズ』に至っては、1998年までは日本プロゴルフ協会(PGA)主催であったのだが、現在は報知新聞社・読売新聞社・日本テレビ放送網が主催(日本ゴルフツアー機構主管)となっています。

 かつては日本プロ・日本オープンの他、関東オープン・関西オープン・関東プロ・関西プロも、各団体が主催する主要大会であったため、公式戦と呼ばれていました。


 「それではそれ以外のテレビ中継されているトーナメントは公式なものではないの?」と疑問を持たれる方もいるかと思います。

 こちらは日本ゴルフツアー機構(女子は日本女子プロゴルフ協会)が主管・公認する形式ではあるものの、スポンサーが主催者となる大会で、公式戦以外ではほとんどの大会がこの『公認競技』と呼ばれるタイプのトーナメントに該当します。

 公式戦と同様、公認競技も獲得した賞金が次年度のツアー参加条件ともなる年間獲得賞金額に加算される正式な試合です。

 この他にも、獲得した賞金が次年度のツアー参加条件ともなる年間獲得賞金額に加算される試合として、『特別公認競技』もあります。

 女子の場合、全米女子プロゴルフ協会が主管する日本で開催される米LPGAツアーの『TOTOジャパンクラシック』の1試合だけですが、他ツアーのトーナメントを特別に国内ツアーの枠組みに組み入れたような位置付けとなっています。

 男子の場合には、アジアンツアーとの共同主管のトーナメントだけでなく、海外メジャーである『マスターズ』、『全米オープン』、『全英オープン』、『全米プロ』の獲得賞金も国内ツアーの獲得賞金額に加算されます。

 このように、各ツアーにはフラッグシップイベントとしての公式戦、レギュラーイベントとしての公認競技、共同主管・相乗りイベントとしての特別公認競技という3つの位置付けの大会がツアー内の枠組みとして開催されています。

 公式戦でのタイトル獲得は、賞金額が高いということだけでなく、そのツアーを代表する選手の一人に数え上げられるという名誉もあるため、そこに所属するプロゴルファーであるなら、誰もが欲するところというわけです。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト



最新記事