人気ブログランキングへ 

シュートアウトとは?〔ゴルフ用語説明〕

2017年04月29日 10:50

  シュートアウト(shoot out) とは ・・・

 1ホール毎に最もスコアが悪かった人が1名ずつ脱落していくスタイルの競技形式のことを言います。

 通常はエキシビションゲームで用いられる競技形式のひとつです。

 例えば、10名の選手がいる場合、優勝者を決めるためには9ホール必要となります。

 1番ホールを10名全員がホールアウトし、最もスコアが悪い人が脱落するわけですが、当然のことながら、最初のホールではプレーヤーの人数が多いため、複数の人が同スコアになることが普通です。

 そうした場合、チップショットであったり、ロングパットなどのショートゲームで敗者を決定することになります。

 このショートゲームでのプレーオフの場合にはカップから最も遠い人が脱落します。

 2番ホールを残った9名全員がホールアウトし、最もスコアが悪い人が脱落・・・、3番ホールを残った8名・・・、9番ホールを残った2名がホールアウトし、スコアが良かった方が最終的な勝者になるというわけです。

 こうしたスタイルでラウンドプレーが進行していくため、1ホールの時間がかかる時間が非常に長くなる競技形式です。

 そのため、大人数の参加者がいる大会では、まず用いられることはありません。

 『シュートアウト』と云う名称を冠するプロのゴルフトーナメントであっても、参加人数の多さから生じる時間的な制約のため、実質的にはシュートアウト方式ではなく、3日目にも規定数で実施される予選カット(セカンダリーカット)のような変則的なシュートアウト形式が採用される程度に留まります。

 シュートアウト方式は少人数で楽しむのに適しています。

 4人1組でラウンドする場合、3ホール毎に勝者を決定することができ、18ホール1ラウンドのプレーでも4回の勝負を楽しむことができます。

 別に前のホールで負けた人が次のホールではプレーできないということもなく、勝敗に参加できないだけで普通にプレーしてください。

 オフィシャルハンディキャップを取得している人同士であったり、お互いの技量がわかっている者同士であれば、レベルの違う人同士であっても、ハンデ戦で公平に勝敗を楽しむことができます。


 ゴルフ用語説明 さ行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト



最新記事