人気ブログランキングへ 

ロングサムとは?〔ゴルフ用語説明〕

2011年08月01日 10:17

 ロングサム とは ・・・


 ゴルフクラブを握る際、左手の握り方の区分として、親指[thumb(サム)]を長く出して握る形のことを言います。

 自分がロングサムに握っているかどうかを判断する基準は、左手の親指の第一関節(指節間関節)と人差し指との位置関係です。

 コの字にして握った人差し指の位置と比較して、親指の第一関節が人差し指の外側に出ていれば、ロングサムです。

 ロングサムで握れば、パームグリップという主に手のひらの部分で握っている状態になります。


 ゴルフ用語説明 ら行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
                                  
 〔解決ナビ スタート〕に戻る
スポンサーサイト



最新記事