人気ブログランキングへ 

ワーキングメモリーに関するテスト〔ゴルフ編〕

2016年05月24日 11:51

【準備】
 キッチンタイマー、もしくはタイマー機能のある時計、及び紙と鉛筆などの筆記用具をご用意ください。


 それではまず、下記の単語をすべて暗記してくださいね。

 池  ディボット  順目  ウェッジ  ボギー

 暗記し終わったら、下方向にスクロールして、問題の開始です。
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
【問題1】
 タイマーを2分にセットしたら、スタートボタンを押して、国内外男女問わずプロゴルファーの名前をフルネームで10人まで紙に書き出してください。
 書き終わってもタイマーが鳴るまで待っていてくださいね。


 一問目が終わったら、下方向にスクロールして、2問目です。
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
【問題2】
 制限時間2分以内に、今度は最初に覚えた単語をすべて書き出してみてください。





〔採点〕
【問題1】は正解数ごとに4点を加算し、【問題2】は正解数ごとに12点ずつ加算して、合計点数を算出します。

  0  ~  20点  ゴルフに無関心、もしくは認知症の疑い有り
 21 ~  40点  ビギナー級
 41 ~  60点  アベレージ級
 61 ~  80点  シングル級
 81 ~ 100点  スクラッチ・プラスハンデ級


 いかがでしたか?

 ゴルフでは同時にいろんなことを考慮しながら、すぐに決断を下すことが大切です。

 また、頭の中でスイングや弾道のイメージを描き、それが消える前に体現することも大事になってきます。

 ワーキングメモリーは、こうした並行作業や決断、想像などに大いに関わっています。

 このテストの結果によって、スコアが決まるわけではありませんが、せめて脳機能くらいはスクラッチ・プラスハンデ級にしておきたいものですね。

 採点結果が悪かった人でも、ワーキングメモリーの機能はジョギングなどによっても副次的に鍛えることができるので、がんばってみてくださいね。


 ゴルフメンタルトレーニング カテゴリ 〔サイトマップ〕に戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト



最新記事