人気ブログランキングへ 

カラーボールとナイスショット

2010年01月12日 22:33

 最近、カラーボールを使ってプレーする方をよく見かけるようになりました。

 2009年の男子ツアーでは、丸山茂樹プロを始め、近藤共弘プロや宮本勝昌プロも試合カラーボールを使用していました。 

 以前はカラーボールは邪道というイメージがありましたが、試合で耐えられる性能が今のカラーボールにはあるということをプロが証明しています。

 私もゴルフ場で自分の球だと確認するのにボールの近くまで行かなくても確認でき、残り距離等の情報が一目瞭然という理由からカラーボールを使用しています。

 その節約出来た数分間を状況確認やイメージ作りの時間に当てられるので便利ですよ。

 現在発売されているゴルフボールの色は、黄色ピンク色オレンジ色黄緑色水色BRIDGESTONE【TOURSTAGE X-01 MILD】キャスコ KIRA Soft&Distant ボールダンロップ ゴルフボール ゼクシオスーパーXD】などが主な色のようです。

 その色の効果について、紹介させていただきます。

黄  色
     ・自律神経に働きかけ、呼吸や脈拍などの不随意機能を制御する働きがある。
     ・人見知り、逃げ出したい、あがる、などのストレスを緩和する働きがある。
     ・コミュニケーション(相手に警戒心を与えない)能力を高める効果がある。   

ピンク色
     ・交感神経を刺激し、骨格筋へのエネルギー供給を促進する働きがある。
     ・疲労感の緩和。
     ・ぼけ防止・老化防止。

オレンジ色
     ・やる気のない気持ちを前向きにする。
     ・血液循環に効果を示す。

黄緑色
     ・感情的になりすぎるのを抑制する。
     ・眺めることで緊張をほぐす働きがある。
     ・アイレスト・グリーンと言われるように目に良いとされる。
     
水色
     ・想像力を刺激する効果がある。

 色の効果を有効に利用して、ナイスショット!!
    
 ※ここで紹介しました色の効果については、わるつさんのブログ〔ミスターベアクラッシュ〕の色相と心理からゴルフに関連するものを引用させていただきました。(私見を加えて改変している部分が少しあります)。

 色彩と音楽を研究されているそうです、興味のある方はミスターベアクラッシュへどうぞ
 わるつさん、ありがとうございました。


 ゴルフ用具フィッティング カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る

 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
                                  
 〔解決ナビ スタート〕に戻る
スポンサーサイト



最新記事