人気ブログランキングへ 

ロフト角とは?〔ゴルフ用語説明〕

2011年07月13日 08:00

 ロフト角 とは ・・・


 シャフトの軸線に対するクラブフェースの傾きの角度を言います。

 この角度が大きい程、ボール打ち出し角が上がり、ボールを止めやすくなります。

 同じスイングで番手ごとの飛距離が徐々に変わるのは、シャフトの長さの変化による影響が約25%で、このロフト角の変化によるものが約75%の割合で影響しています。

 ドライバーなどでよく耳にするリアルロフトというのは、フェーススクエアにした位置で、シャフトの軸線に対するフェースの傾きを測定したものです。

 よって、フックフェースの度合いの強いドライバーの場合は、リアルロフトは表示されたロフトよりも大きくなります。


 ゴルフ用語説明 ら行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト



最新記事