人気ブログランキングへ 

スクランブリング(リカバリー率)とは?〔ゴルフ用語説明〕

2015年01月15日 09:00

  スクランブリング【scrambling】〔リカバリー率〕 とは ・・・

 パーオンを逃したホールで、パーもしくはバーディーのスコアで上がる(寄せワン、チップインパー、チップインバーディー)確率のことを言います。

 日本では『リカバリー率』と呼ばれています。

スクランブリング【リカバリー率】(%) =
『パーオンしなかったホールでパー又はバーディーをとったホール数(A)』 ÷ 『パーオンしなかったホール数(B)』×100


 ショートゲームの精度を測る指標として、ゴルフツアーなどでも統計が取られ、ランキング上位者は公表されています。

 スクランブリング(リカバリー率)が高いということは、アプローチやパッティングなどの小技が上手いことに加え、プレッシャーのかかる局面でも安定した技術を発揮できる強い精神力を備えていることを意味します。

 米国でも日本ツアーでも、年間を通して65%を超えると、おおよそ所属ツアーのベスト5に入り、ツアー屈指のショートゲーム巧者とみなされます。

 国内ゴルフツアーでは、男子ツアーは2000年以降にリカバリー率の水準が少し上がっています。

 また、女子ツアーでは特に2010年以降からリカバリー率の上位者の水準及びツアー全体のスクランブリングレベルも上昇しています。

 ここ最近、国内女子ゴルフツアーは異常なまでの盛り上がりを見せていますが、ミーハー的な要素ばかりでなく、グリーン周りからの高い技術という玄人好みする要素も下支えの要因になっており、初心者からベテランまで幅広い層で人気を博している秘密を窺い知ることができます。


 ゴルフ用語説明 さ行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト



最新記事