人気ブログランキングへ 

ニヤレストポイントとは?〔ゴルフ用語説明〕

2014年12月25日 12:16

 ニヤレストポイント【救済のニヤレストポイント】 とは・・・

 ゴルフ規則ではゴルフ規則で罰なしに障害物から救済を受けられる際に、ホールに近づかないエリアで、救済を受けようとしている障害が無くなる条件を満たし、球の止まっている箇所から最も近い位置のことを言います。

 最も近い位置であるために、ニヤレストポイントの位置は1点のみとなり、1クラブレングス以内にドロップする際の起点となります。

 ゴルフ規則におけるニヤレストポイントの定義の註釈には、『救済のニヤレストポイントを正確に決めるためには、次のストロークのためにアドレスポジションやプレーの方向やスイングをいろいろと試みる際、救済を求めているその物や状態がそこになかったら使っていたはずのクラブを、プレーヤーは使うべきである。』とあります。

 ただし、ニヤレストポイントを決める際に使用したクラブを必ず使わなければならないというわけではなく、救済を受けた後のライなどの状況に応じて、ストロークする際のクラブを変更することはゴルフ裁定でも認められています。

 ニヤレストポイントを決定する手順に従わずにドロップした場合でも、結果的に条件を満たす正しい位置からのプレーであれば、罰はありません。

 というのも、状況によっては、救済のニヤレストポイントが木の幹の中であったり、境界壁が妨げとなってスタンスをとることができなかったりと、正確にニヤレストポイントを決めることができない場合があるためです。

 こうした場合、ニヤレストポイントを推定し、そこから1クラブレングス以内にドロップすればいいと裁定されています。

 もし、条件を満たしていない間違った場所からプレーを続けた場合には、『誤所からのプレー』で2打罰を受けますが・・・。

 ニヤレストポイントを決定できるにもかかわらず、手順を踏まずにプレーした場合、常に『誤所からのプレー』の疑いを受ける恐れがありますから、しっかりとニヤレストポイントを決める手順を身につけることが推奨されています。


 ゴルフ用語説明 な行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト



最新記事