人気ブログランキングへ 

フォールアウェイグリーンとは?〔ゴルフ用語説明〕

2014年06月24日 09:26

 フォールアウェイグリーン(fall-away green) とは ・・・

 グリーン面の傾斜が奥に向かって下がっているタイプのグリーンのことを言います。

 グリーンを狙うショットの際にグリーン面が見えないのはアンフェアとの曲解から、日本のゴルフコースでは敬遠され、あまり見かけないタイプのグリーンです。

 欧米ではラウンド中のどこかでグリーン面が確認できれば良しとしているので、かなりポピュラーなグリーン。

 コース攻略の基本とされる「グリーン手前から」というのは、『受けグリーン』に対する攻め方を示したものですが、奥に速いグリーンである『フォールアウェイグリーン』では、この限りではありません。

 グリーン奥にアプローチエリアのスペースを広く取ってある場合、奥からのアプローチやパットが比較的やさしくなり、「グリーン手前から」の攻め方一辺倒から、グリーンに対する攻略エリアを意識せざるをえなくなるため、コース全体の戦略性の幅を広げる効果があります。

 また、奥からの攻めが有効であるがゆえに、コースのヤーデージ表示以上にロングショットが求められ、距離の短いホールをより長く使える設計としても評価されています。


 ゴルフ用語説明 は行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト



最新記事