人気ブログランキングへ 

PGAツアー54ホール記録更新27アンダー189!パトリック・リード

2014年01月19日 12:28

 ヒューマナ・チャレンジ クリントンファウンデーションは、予選3日間をアマチュアとラウンドし、最終日だけの決勝ラウンドとなる一風変わった大会。

 予選ラウンドは、PGAウェスト・パーマーコース(Par72・6950y)、ラ・キンタ・カントリークラブ(Par 72・7060y)、ニクラス・プライベート at PGAウェスト(Par 72・6924y)の3コースをラウンドすることになる。

 アマチュアと一緒の3ラウンドだけに、カップはやさしい位置に切られており、スコアは出やすいトーナメントで知られている。

 そんなバーディラッシュが当たり前のコースながら、パトリック・リードは、初日から3日間連続で「63」、通算27アンダーの189(2イーグル、25バーディー、2ボギー)で、54ホールにおけるPGAツアー記録を樹立した。

 これまでの54ホール記録は、1967年にゲイブリュワーがペンサコーラオープンで記録した25アンダーや2010年にスティーブ・ストリッカーがジョンディア・クラッシックで記録した25アンダー188など。

 23歳のパトリック・リードは、昨シーズンに2013年ウィンダム選手権に初優勝している現在ノリに乗っている選手。

 昨年は金髪で非常に目立つ小柄な奥さんがキャディバッグを担いでいたので、そちらを思い出すファンも多いと思う。

 今年は妻の弟であるケスラーさんにキャディを任せているが、これは妻のジャスティンさんが妊娠中のためであり、プライベートも幸せいっぱいだ。

 さて、明日の最終日のスコアが気になるとところだが・・・。

 これまでの72ホールPGAツアー記録は、Par70のトーナメントではトーミー・アーマーⅢが2003年にバレロテキサスオープンで記録した254(64・62・63・65)26アンダー。  

 Par71のトーナメントでは、ルーク・カルカベッキアが2001年フェニックスオープンで記録した256(65・60・64・67)28アンダーとフィル・ミケルソンが2013年に同じフェニックスオープンで記録した256(60・65・64・67)28アンダー。

 Par72のトーナメントでは、5日間トーナメントの2009年ボブホープ・クラシックの4日目に、スティーブ・ストリッカーが255(65・67・61・62)33アンダーを記録している。
なお、ストリッカーは大会最終日に崩れ優勝を逃している。

 現在首位と7打と大差だけに、33アンダーの255、つまり最終日6アンダーの66が当面の目標となる。

 期待したい!


 ゴルフツアー トーナメント情報 カテゴリ 〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト



最新記事