人気ブログランキングへ 

アクアライン社会実験の期間延長!冬ゴルフも活性化

2014年01月12日 12:41

 アクアライン開通以来、当初の予想利用数を遙かに下回っていたため、2009年8月から社会実験として通行料をETC利用時に限り800円に引き下げる試みが長らく行われていました。

 料金引き下げによる交通量の変化は、約1.5倍の伸び。

 ここ最近では三井アウトレットパーク木更津の開業による波及効果もあって、2008年比で約1.8倍と交通量は増加しています。

 ただし、この料金引き下げは社会実験のため平成26年3月末までの期間限定の試み。

 期間満了で終了と思いきや、千葉県知事や県下の団体・企業の強い要望もあって、当面の間、アクアライン料金は現行の800円を維持することを2013年12月20日に発表した「新たな高速道路料金に関する基本方針」(平成26年度適用)の中で、国土交通省が明らかにしています。

 これは千葉県の費用負担を前提にしたもので、基本方針の中でも「当分の間」としか言及されていないので、いつまで延長なのか未確定です。

 千葉県の企業誘致はアクアラインの料金引き下げが前提となっているようなので、これからも恒久的な引き下げを要望し続けることになるでしょう。

 とりあえずの期間延長で、ゴルフ場利用に際しても大変喜ばしい。

 アクアラインが利用できない場合、東京方面から千葉へのゴルフでは、帰りに千葉東~宮野木JCT間の酷い渋滞が避けては通れない問題なので、アクアラインで渋滞を回避できることはありがたい。

 アクアラインも渋滞することはあるものの、急な坂による勾配が原因による一時的なものが多く、12月から2月までの寒い季節には渋滞はほとんどないので、冬ゴルフでは特に問題はありません。

 館山道、富津館山道路を含めた東京湾アクアラインの渋滞する月・曜日・時間帯については、渋滞ポイントマップ館山道・富津館山道路・東京湾アクアラインを参照されたい。

 料金引き下げの社会実験に加え、圏央道の市原舞鶴IC(インターチェンジ)、茂原長南IC茂原北ICが開通し、木更津東インターICから東金ICまで延長整備されたこととの相乗効果によって、インターチェンジから遠いという理由で敬遠されがちだった千葉県中・南部の多くのゴルフ場が東京・神奈川方面からはかなり利用しやすくなっています。

 寒い冬のこの季節であっても房総半島は比較的暖かく、真冬のゴルフ場選びには欠かせない地域です。 冬でも比較的暖かいゴルフ場特集【関東地方】

 圏央道・松尾横芝~稲敷までの未整備区間が開通すれば、北関東方面からも千葉の暖かいゴルフ場を求めてやってくるゴルファーが増えるかもしれませんね。

  圏央道インターチェンジ別周辺ゴルフ場インデックス
  館山自動車道インターチェンジ別周辺ゴルフ場インデックス
  富津館山道路インターチェンジ別周辺ゴルフ場インデックス


 ゴルフのアレコレ・よもやま話 カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト



最新記事