人気ブログランキングへ 

翌日ゴルフ!それでも飲むならアルコール対策にエヌザイム

2013年12月10日 18:53

 年の瀬・年初めは忘年会・新年会シーズン。

 次の日にゴルフの予定が入っていても、付き合いなので断れず、飲み過ぎしまうことってありますよね。

 スコアが悪いときの言い訳用として、深酒しているのなら別ですが、ついつい飲み過ぎてしまう癖があり、翌日のゴルフのスコアが気になるのなら、ちょっと良いものがあります。

 海外でも話題のN-zyme(エヌザイム)です。

 N-zyme(エヌザイム)には、乳酸菌、酢酸菌、ナットウ菌、酵母などの様々な微生物が含まれています。

 これらから産生される酵素は、消化酵素のアミラーゼをはじめ、タンパク質を分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼなど、人の体に有益なものばかり。

 その中には、アルコール脱水素酵素のアセトバクター菌、アセトアルデヒド脱水素酵素、及び酸化還元酵素のカタラーゼなども含まれています。

 通常お酒を飲んだ場合、アルコールは胃と小腸から吸収され、肝臓に運ばれて分解され、最終的には水と炭酸ガスに分解されて体外に排出されます。

 分解の過程を見ると、肝臓では、まず、アルコール脱水素酵素が関与し、アルコールを分解してアセトアルデヒドに変えます。

 脳内では、アルコールをアセトアルデヒドへと変える機能はアルコール脱水素酵素の代わりにカタラーゼが担っています。

 次の段階では、アセトアルデヒド脱水素酵素がアセトアルデヒドを無害な酢酸へと変えてくれています。

 一般的に日本人の体にはこうした分解酵素が少ないため、分解過程で残ったアセトアルデヒドの影響で二日酔いになりやすいと言われています。

 N-zyme(エヌザイム)を含有するサプリメントを摂取することにより、飲酒による体への負担を軽減することができるという話です。

 日本では、『After Luck(アフターラック)』というマングローブの根から注出したN-zyme(エヌザイム)を原料としたサプリメントが発売されました。

 モニターテストでは、「二日酔いが無かった」、「悪酔いしなかった」、「いつもよりたくさん飲めた」、「気持ち悪さが数十分で解消された」、「お酒の口臭まで消えていた」等の評価を得ているとのこと。

 翌日にゴルフを控ている方、ついついゴルフ場の昼食でも飲み過ぎてしまう方、アルコールに弱い方など、翌日に酒を残したくないのなら、エヌザイム含有サプリメントはいかが?


 ゴルフその他ボディケア カテゴリ 〔サイトマップ〕に戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト



最新記事