人気ブログランキングへ 

プロゴルファーとは?〔ゴルフ用語説明〕

2010年02月22日 22:10

 プロゴルファー とは・・・


 プロゴルファーとは、ゴルフを専業として生計を立てている人の事を言います。

 日本では、男性の場合は日本プロゴルフ協会、女性の場合は日本女子プロゴルフ協会プロテストに合格をして、協会から認定を受けることでプロゴルファーになることができます。

 このプロテストを受験するためには、ゴルフ場ゴルフ練習場で勤務しながら、研修会団体の競技会に出場している事、競技実績によって受験資格に該当する事、他国のPGAライセンス取得者、ゴルフ部在籍経験などを始めとして、受験資格もさまざまとなっています。

 プロゴルファーには、国内や海外のトーナメントツアーに参加して賞金を稼ぐトーナメントプロと、アマチュアゴルファープロゴルファーゴルフ指導を行うティーチングプロに大別されます。

 トーナメントプロを目指す場合は、男子のPGAでは、約700名が参加するテストで上位50位に入り、資格認定テストに合格するのが原則です。

 さらにテレビなどで活躍が報道されるゴルファーは一握りで、スポンサー契約するゴルファーは限られたエリートゴルファーです。

 トーナメントプロともなると、世界中の有力選手達との熾烈な戦いに耐えられる強靭な体力精神力技術の他に、持って生まれたも必要となります。

 一方、ティーチングプロになるには、ティーチングプロ試験を受け合格しなければなりません。

 受験資格としては20歳以上で研修生期間が3年以上などです。

 ティーチングプロの場合、ゴルフ愛好者やプロを目指す人たちの個々の能力を理解して、分かりやすい指導を行える能力が必要になります。

 ゴルフ練習場などで初心者にレッスンを教えたりして生計を立てている、いわゆる「レッスンプロ」が大多数を占めています。

 どちらの道を選んでも、プロスポーツの世界で名前が売れるようになるには、大変厳しいことですね。

【関連記事】
 プロテスト・ティーチングプロ受験資格の緩和!オープン化へ


 ゴルフ用語説明 は行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト



最新記事