人気ブログランキングへ 

雨の日ゴルフを快適にするグッズ

2013年11月05日 12:48

 せっかくのゴルフなのに天気は雨!

 それでも日程を変更できず、雨の中ゴルフを決行する人のために、普段使っていて便利なグッズを紹介します。

 と言っても、正式なゴルフ用品ではありません。

 雨の日のゴルフで最も気を遣うのが、グリップを濡らさないように注意すること。

 ショットやパッティングが終わって、目土やピンフラッグを戻すなど、他の作業をするときには、自分自身は濡れても、グリップは濡らさないように、傘を地面に置いて、傘の骨の部分にグリップを引っ掛けて、濡れた地面に着かないようにと、結構煩わしい。

 いくら気を使っていても、雨の中のプレー、グリップは次第に水を含んで滑りやすくなります。

 タオルを傘の骨の部分に通して、落ちないように結んでおいて、そのタオルでグリップをその都度拭く。

 これが、雨の日ゴルフの日常風景でしょうか。

 その大切なタオル。

 普通のタオルだと、すぐに湿ってしまって、濡れたタオルでは意味がないので、頻繁に交換が必要ですが・・・

 超吸収&即乾性の『セームタオル』なら、あら便利!

 洗車するときに便利なあのタオルです。

 一杯水を含んでも、きつく絞れば、すぐ元通り。

 車用の安いタイプでも構わないのですが、手も拭くことを考えれば、より肌触りの良いスイミング用のセームタオルが個人的にはおすすめ。

 乾いてもカピカピにならず、水で戻して柔らかくするといったひと手間も必要ないので、使い勝手がよく気に入っています。


 プレーの途中から雨が降ってくることだってあります。

 そんなときに便利なグッズ?物が『レジ袋』。

 プレー中にレインウェアのズボンを履くには、ゴルフシューズのスパイクの部分が引っ掛かったり、靴が汚れていたりするので、いったんゴルフシューズを脱がないといけません。

 幸い、ゴルフのレインウェアはズボンの裾がファスナーで開く構造になっていますから、開いた状態で履くと履きやすいのですが、靴を履いた状態でも、あらかじめレジ袋に足を入れて、包んだ状態でレインウェアのズボンを履けば、汚れず、引っ掛からず、便利です。


 また、当日は晴れでも、前日が雨で思っていたよりも地面がぬかるんでいるとき、ズボンの裾が汚れないように、レインウェアのズボンを履いたりもしますが・・・。

 レインウェアを着るほどでもないときには、登山用の『レインスパッツ』が便利。

 ファスナーで靴を履いたまま装着できるタイプがおすすめです。

 自分でも色々工夫をして、雨の日のゴルフを楽しんでくださいね。

  雨の日のゴルフのメリットは?


 ゴルフ便利用品 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト



最新記事