人気ブログランキングへ 

ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ 〔サイトマップ〕

2001年02月09日 00:00



【か】項目  【き】項目  【く】項目  【け】項目  【こ】項目


【か】
〔カジュアルウォーター〕

〔カラー〕

〔カラーリング〕

〔慣性モーメント〕

  上へ戻る


【き】
〔ギア効果〕

〔逆しなり〕

〔逆球〕

〔ギャップウェッジ〕

〔キャディ〕

〔救済のニヤレスポイント〕

〔局外者〕

  上へ戻る


【く】
〔グラスバンカー〕

〔クラッチパット〕

〔クラブ〕 

〔クラブフェース〕

〔クラブヘッド〕

〔クラレットジャグ〕

〔グランドスラム〕

〔グリップ〕

〔グリーン〕

〔グリーンエッジ〕

〔greens in regulation〕

〔クロスオーバー〕

〔クローズスタンス〕

  上へ戻る


【け】
〔肩甲骨〕

〔ケンタッキーブルーグラス〕

〔現地ウェイティング制度〕

  上へ戻る


【こ】
〔公傷制度〕

〔高麗グリーン〕  

〔股関節〕          

〔腰掛け動作〕

〔コース〕

〔ゴルフ〕 

〔ゴルフ肘〕 

〔ゴルフボール〕

〔コレクションエリア〕

〔コンシード〕

〔コンパクション〕

  上へ戻る


 
ゴルフ用語説明【あ行】へ

 ゴルフ用語説明【さ行】へ

 ゴルフ用語説明【た行】へ

 ゴルフ用語説明【な行】へ

 ゴルフ用語説明【は行】へ

 ゴルフ用語説明【ま行】へ

 ゴルフ用語説明【や行】へ

 ゴルフ用語説明【ら行】〕へ

 ゴルフ用語説明【わ行】へ


 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
                          
スポンサーサイト

慣性モーメントとは?〔ゴルフ用語説明〕

2005年01月26日 19:33

 慣性モーメント とは・・・


 回転軸からの距離の2乗を掛けたもので定義され、回転しにくさの程度として表現されています。

 物体を移動させるには力を加える必要があり、質量が大きい物ほど動かしにくくなるのと同様、回転させるときも回転軸から離れた位置に質量の大きいものが配置されていると回りにくくなります。

 感覚的には物体を回転されるときの重さと考えると解り易いかもしれません。

 最近のクラブヘッド体積の大型化は、重心軸から遠くに質量を分布させることで慣性モーメントを大きくすることを主な目的としています。

 仮にボール重心から外れて当たったとしてもヘッドが回転しにくいので、スイートスポットの拡大に寄与し、打ち出し角度の安定したストレートボールを打ちやすくする効果があります。

 逆にヘッドが回転しにくいということは、意図的にスピンをかけることが難しく、上級者にとっては操作性が低いという評価を受けることも。

  ゴルフクラブでよく使われる慣性モーメントには、
    ネック軸周りの慣性モーメント
    ヘッド左右慣性モーメント(ヘッド重心を通る縦軸周りの慣性モーメント)、
    ヘッド上下慣性モーメント(ヘッド重心を通る横軸周りの慣性モーメント)、
    クラブ全体の慣性モーメント
                     などがあります。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

股関節とは?〔ゴルフ用語説明〕

2005年01月29日 23:27

 股関節 とは・・・


 大腿骨骨盤を繋いでいる関節のことを言います。

 股関節イラスト

 ゴルフスイングにとって、最も重要な体の部位です。

 アドレスの姿勢をはじめ、スイング中の体重移動などスイング動作のほとんどに股関節可動域が大きく関係しています。

 股関節可動域が狭く、左右のバランスが崩れていると、様々なミスショットの原因となります。

 故に股関節可動域を広げるストレッチゴルフ上達にとって最も優先すべきトレーニングとなります。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

肩甲骨とは?〔ゴルフ用語説明〕

2005年01月30日 12:56

 肩甲骨 とは・・・
 

 上背部に左右一対ある逆三角形の扁平な板状の骨のことを言います。

肩甲骨〔正面・背面〕
肩甲骨〔上空〕

 肩関節は、肩甲骨の関節窩と上腕骨の骨頭で関節を構成しています。

 肩甲骨の動きには内転外転挙上下制上方回転下方回転の3対で計6種類の動きがあります。

 肩甲骨は籠状の形をしている胸郭の上に乗っているので、内転外転は丸みを帯びた壁に沿った動きになります。

 内転とは肩甲骨を背骨側に向かって動かすことを言い、外転とは肩甲骨を前方に引き出す動きのことを言います。

 挙上とは肩甲骨が胸椎に沿って上がることを言い、下制とは反対に胸椎に沿って下がることを言い、肩甲骨上下の平行移動の動きとなります。

 上方回旋とは肩甲骨が関節窩を上に向けるように前後軸回りに回転することを言い、下方回旋とは関節窩を下に向けるように前後軸回りに回転することを言います。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

グリーンとは?〔ゴルフ用語説明〕

2005年02月06日 00:00

 グリーン とは ・・・


 パッティングのためにカップが設けられた芝生フェアウェイよりさらに短く刈られ、丁寧に管理された部分のことを言います。

 トーナメント以外ではパターしか使用できないローカルルールを設定しているのが普通です。

 ベントグリーン類やヒメコウライグリーンで使用されるケースが多く、刈高を3.5mm~5mm程度まで刈り込まれボールが転がりやすい造りになっています。

 雨の多い日本の気候で、刈り込まれたを健康な状態に保つには、グリーンの下の床構造は30cm程度の川砂を主とする混合土壌とその下の10cm程度の粗砂や砂利の層で水はけが良い構造になっています。

 グリーンの管理はデリケートで、グリーンキーパーの方が丹精込めて手入れをしてくれています。

 みんなで気持ちよくグリーンを使うために、グリーンキーパーの方に感謝の心を忘れず、グリーン上を走ったり、スパイクを引きずって、グリーンを傷つけないように注意しましょう!




 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

ゴルフボールとは?〔ゴルフ用語説明〕

2005年02月07日 16:53

 ゴルフボールとは ・・・


 ゴルフで使用される球のことを言い、ボールの表面にディンプルと呼ばれる小さなデコボコが多数あるのが大きな特徴です。

 ディンプルのない表面が滑らかなボールでは、後方に圧力の低い空気の渦が幅広くでき、大きな空気抵抗を受けて、放物線運動の飛距離が激減に落ちるようです。

 ボールにディンプルがあることによって、この後方にできる圧力の低い空気の渦の幅が狭くなることで空気抵抗を抑えてくれるため、他の競技ではありえない飛距離を実現し、ドライバーナイスショットした時の何とも言えない爽快感を味わわせてくれます。
 
 ゴルフボールの変遷は、最初は羊毛でできたフェザリーボールに始まり、次に天然樹脂でできたガッティボールが使用されていましたが、ガッティボールを長く使用した時に表面が傷つき、飛距離が伸びたことからディンプルが発明されました。

 その後、ゴムの芯に伸張した糸ゴムを巻きつけた糸巻きボールワンピースボール、コアとカバーの二層構造にしたツーピースボールと開発が進み現在に到っております。 
 
 現在のゴルフボールは、三層構造のスリーピースボールや四層構造のフォーピースボールが主流となっています。

 
 現在のボールの規格は、ルールで規定されています。

   重さ   ; 45.93g (1.62オンス)以下

   大きさ ; 42.67mm(1.68インチ)以上

   対称性 ; 球対称な球の特性とは異なる特性を持たせてはならない。

   初速・標準総合距離 ;
      R&Aテスト内規で規定されている上限以内に制限されています。

      ボールクラブフェースを離れる際の速度制限を目的としています。

      特定の条件下でボールが飛ぶ総合距離(キャリーとロール)を制限。

      用具の進歩に合わせ、テスト基準は継続的に見直されているようです。

ゴルフボール


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

コースとは?〔ゴルフ用語説明〕

2005年02月28日 20:47

 コース とは ・・・


 ゴルフ場に設けられた、18ホールを基本とした競技場のことを言います。

 コースにはティーグラウンドフェアウェイラフバンカーグリーンの他、障害物としての樹木や舗装されたカート道路などが設置されています。

 日本のゴルフコースを立地条件により分類すると、以下の4つに大別されます。

 治水工事が施された河川で普段水が流れていない平坦な土地を河川敷と言い、その敷地を利用したコース河川敷コースと呼んでいます。

 増水時には河川となるため、平坦で障害物となるものも基本的に設置できないため、誰でも気軽にラウンドできるコース設定となっています。

 平野や扇状地などに広がるの中を切り開いて造られたコース林間コースと言います。

 山中にあるアップダウンが激しいコース山岳コースと言い、フェアウェイが狭くトリッキーな場合が多いのですが、コース全長は短い傾向があります。
  
 山中にあるが山岳コースに比較すると少しなだらかで、適度なアップダウンがあるコースを丘陵コースと呼んでいます。

ゴルフコース

【関連記事】
 ダフリ解消とナイスショット
 役割分担とナイスショット
 ウォーキングとナイスショット①
 バランス感覚とナイスショット

 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

ゴルフとは?〔ゴルフ用語説明〕

2010年02月02日 22:40

 ゴルフ とは ・・・


 ゴルフは英国で生まれた球技で、マナールールを重んじる紳士のスポーツと言われています。

 コース上に静止しているボールを棒状のクラブで打ち、定められたカップへ入れるまでに要した打数を競う球技です。

 打数の少ない方が勝ちとなります。

 18ホール1ラウンドとして、1番から9番ホールをアウトコースと呼び、10番から18番ホールをインコースと呼んでいます。

 競技方法は主にストロークプレーマッチプレーに大別されます。

 よくテレビで放映されているストロークプレーは、4日間で行われる72ホールの合計打数で争われます。

 マッチプレーは1ホールごとに勝敗を決め、その勝敗の数の多さを争います。

ゴルフ

 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

キャディとは?〔ゴルフ用語説明〕

2010年02月03日 22:27

 キャディ とは ・・・


 ゴルファーに付き添ってコースを回り、プレーヤーを援助していい唯一の存在です。

 ゴルフバッグゴルファーの代わりに持って、指定されたクラブプレーヤーに渡したり、ボールを捜すなど状況に応じて、いろいろな雑務をこなすのがキャディの仕事になります。

 コースグリーンに関して適格なアドバイスをするなどの専門知識や経験が必要となります。

【関連記事】
 役割分担とナイスショット


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

クラブとは?〔ゴルフ用語説明〕

2010年02月04日 19:23

 クラブ とは ・・・
 

 ゴルフボールを打つための棒状の道具を言います。

 主にウッドアイアンパターに大別されます。
 
 どのクラブクラブヘッドシャフトグリップのパーツで構成されています。

 ルール上のクラブの長さは48インチ以内と規定されています。
 
 1ラウンドごとに14本まで使用するクラブを選ぶことができ、本数を超過して使用するとペナルティを課せられます。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

クラブフェースとは?〔ゴルフ用語説明〕

2010年02月04日 22:12

 クラブフェース とは ・・・
 

 クラブヘッドボールを打つ面状の部分を言います。

 通常、ゴルフボールバックスピンをかけるため横に筋が数本入っています。

 また、ボール飛距離打ち出し角の目安となるロフトと呼ばれる傾きが全体的につけてあります。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

クラブヘッドとは?〔ゴルフ用語説明〕

2010年02月04日 23:43

 クラブヘッド とは ・・・


 シャフトの先についているボールを打つ部分全体のことを言います。

 クラブの種類はいろいろありますが、このクラブヘッドの形状の違いとも言えます。

 ルールには、クラブヘッドは、形状が単純であること、ヒールからトウまでの長さが、フェースから背面までの長さよりも、より長くなければならない、ボールを打つためにデザインされたフェースは1面のみでなければならないという規定がある。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

グリップとは?〔ゴルフ用語説明〕

2010年03月30日 09:51

 グリップ とは ・・・

 ゴルフクラブを手で握るところに滑り止め用としてゴムなどを取り付けてある部分のことを言います。

 グリップスペックには、素材、形、色、重さ、バックラインの有無、内径サイズなどの違いがあります。

 注意が必要で間違いやすいのは、内径のサイズです。

 内径のサイズが小さいとグリップが細くなると勘違いしがちですが、そもそも内径の違いはそれぞれのシャフトの太さに対応したもので、対応したサイズのグリップを装着すると同じ太さに仕上がるようになっています。

 つまり、内径の小さいサイズ用(内径58)は、内径標準(内径60)のものより、肉厚に作られています。

 同じサイズのシャフトに挿した場合、内径58より内径62を比較すると、内径62の方が細くなるので注意して下さい。


 また、ゴルフクラブを握ることもグリップすると表現します。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

高麗グリーンとは?〔ゴルフ用語説明〕

2011年07月27日 11:04

 高麗グリーン とは ・・・


 これまで日本の多くのゴルフ場で、ベントと高麗芝の2種類のグリーンを季節に応じて使い分ける2グリーン制が採用され、高麗芝のグリーンの方を高麗グリーンと呼びます。

 グリーンに使われているのは、高麗芝の中では葉の幅が細く、葉の密度が高いヒメコウライという種類です。

 高麗グリーンは、ベントグリーンに比べ、葉や茎が太く芝目が強いため、傾斜と芝目のそれぞれの影響を合成して、ラインを読まなければならないという特徴があります。

 また、高麗芝は暖地型の芝で、気温が10℃くらいで休眠状態になり、茶色く枯れてしまうのも冬場の顕著な特徴と言えます。

 そもそも、日本で2グリーンが採用されたのは、ベント芝が関東以南の夏の気候に耐えられなかったという事情があります。
 
 ベントは平均気温30℃になると成長障害に陥るため、夏の間、ベントグリーンを休ませ、高麗グリーンがその代用として使われてきたようです。

 最近では、ニューベントなどの暑さに強い品種が開発され、グリーン構造も改良されて、芝の管理技術も向上したため、ベントグリーンが増え、高麗グリーンは減少傾向にあります。

 ちなみに高麗芝は名前から朝鮮由来の品種と思われがちですが、日本と東南アジアの一部のみに自生しています。

 ゴルフ場に使用されている高麗芝はコウライシバという学名の品種とは別もので、学名はコウシュンシバ(恒春芝)と言う芝です。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

クローズスタンスとは?〔ゴルフ用語説明〕

2011年08月01日 00:00

 クローズスタンス(closed stance) とは ・・・


 飛球線方向に対して足のラインが右を向いた構え方のことを言います。

 ただし、肩のラインは飛球線方向に対して平行にするのが、正しいクローズスタンスです。

 足のラインと同様に肩のラインまで飛球線方向に対して右に向けてしまうと、ただ右を向いただけの構えになります。

 腰のラインは足のラインに少し引っ張られるため、足のラインと肩のラインの中間くらいの方向を向くようなります。

 また、クローズスタンスには、右足を後ろに引く方法と左足を前に出す方法の二種類があります。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

ギア効果とは?〔ゴルフ用語説明〕

2011年08月06日 19:05

 ギア効果 とは ・・・


 ウッド系クラブにのみ起こる現象で、スイートスポットを外して打った場合、ボールに与えられた回転で曲がる方向とは反対方向に打ち出すことによって、方向性を安定させる効果のことを言います。

 スイートスポットで打つとクラブヘッドは安定していますが、打点がずれるとインパクトの衝撃でクラブヘッドは回転します。

 重心位置を深くすることができるウッド形状のクラブの場合、ヘッドがずれる時にボールとヘッドは歯車が噛み合うように、ヘッドとボールは逆方向に回転します。

 ヒール側でヒットすればスライス回転がかかり、トウ側でヒットすればフック回転がかかります。

 また、フェースの縦方向にもギア効果は生じ、スイートスポットより上に当たればバックスピン量は減少し、下に当たるとバックスピン量は増加します。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

現地ウェイティング制度とは?〔ゴルフ用語説明〕

2012年07月23日 12:00

 現地ウェイティング制度 とは ・・・

 現地ウェイティング制度を男子トーナメント出場決定までの流れに沿って説明します。

 国内ツアートーナメントの大会出場枠内訳は、日本ゴルフツアー機構(JGTO)選考枠(85%以上)と主催者推薦枠(15%未満)に分けられます。

 外国招待選手や主催者団体と親密な選手、アマチュア選手などの出場は主催者推薦枠に属します。

 マンデートーナメントと呼ばれる主催者推薦選手選考会で主催者推薦を選ぶ方式が、現在では一般的になってきています。

 主催者推薦についての説明は別の機会に譲ることとし、出場枠の主流はJGTO選考枠の方で、以下の流れとなります。

 まず、有資格規定に基づいて、JGTO選考枠の数の分だけの有資格選手に対し、大会実施要領・賞金配分表、エントリー書類等がJGTOから郵送されてきます。

 該当者は出・欠場の意向をエントリー締め切りまでに、電話、FAX、WEBのいずれかで回答します。

 欠場者が出た場合、有資格規定に基づき、資格順に繰り下げてエントリー書類が送られ、JGTO選考枠の定員を満たすまで繰り返され、エントリー締め切りまでこの行程が続きます。

 エントリー締め切り後も、けがや病気などで出場を辞退する選手を出てきます。

 このエントリー締め切り以降、大会初日のスタート終了までに発生した欠員枠を補充するのが現地ウェイティング制度になります。

 この大会の出場権がなく、出場を希望する選手は、会場で出場希望の予約(ウェイティング登録)をし、初日のスタート終了まで欠員が出るのを待ちます。

 欠員繰り上げの優先順位はQT(クォリファイングトーナメント)のランキング順に決定されるため、QT順位が低いとウェイティング順位も低くなります。

 ただし、トーナメント会場は日本全国、北海道から沖縄県まで各地で開催され、会場から遠隔地にいる場合には旅費がかさむため、現地ウェイティング登録に行けない選手もいるので、QT順位が低い選手にもちょっとだけチャンスがあるわけです。

 一試合平均5名程度の選手が現地ウェイティングで順番待ちをしているようです。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

コレクションエリアとは?〔ゴルフ用語説明〕

2014年08月28日 14:20

 コレクションエリア とは ・・・


 グリーンへのショット精度をより高いレベルで振り分ける目的で、グリーン周りの芝生を刈り込み、グリーンからこぼれたボールが転がり落ちるようにしたコースセッティングにおいて、最終的にボールが集まる区域のことを言います。

 これはコース設計上の特徴というよりも、ゴルフトーナメントのためにコースセッティングされた結果できた特徴と言えます。

 通常、プラトーグリーン(砲台グリーン)、クラウネッドグリーン(王冠状グリーン)など、周囲の地面よりもグリーン面が高くなっているタイプのグリーンで実施されることが多いのですが、グランドレベルグリーンであってもグリーンサイドに窪地が配されているコース設計であれば、実施することができるセッティングです。

 グリーンを盛り上げている斜面の芝生は普段はラフとして伸ばしていますが、このセッティングでは、フリンジ(カラー)の高さ程度まで刈り込まれ、斜面の部分ではボールが止まらないようになっています。

 水が高いところから低いところへ流れ落ちるように、ボールはスロープを下り、その周辺で一番低い『コレクションエリア』まで転がり落ちて、結果的にボールが集まります。

 『コレクションエリア』という言葉を聞いたことがなくても、メジャートーナメントでトッププロ達が高い弾道でグリーン上にボールを落下させたにもかかわらず、グリーン外の特定の場所まで転がり落ちるシーンは、テレビでしばしば見ることができます。

 芝の管理技術の向上による低い刈高の実現で、グリーンが高速になり、従来グリーンの傾斜で止まっていたボールがグリーン上に留まることができなくなり、更にグリーンが乾いて硬くなった場合、グリーンの一部は『コレクションエリア』まで続くスロープと変わらず、グリーンを実際の大きさほどグリーンとして使えません。

 本来のグリーンの機能を持った部分とそうじゃない部分との境界線を見分ける眼力、並びに狭くなったグリーンに、より高い精度のショットが打てる能力が問われる難しい状況だけに、トッププロの見せ場と言えましょう。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

ケンタッキーブルーグラスとは?〔ゴルフ用語説明〕

2014年09月05日 10:15

 ケンタッキーブルーグラス とは ・・・

 米国ミシシッピー川流域で牧草として利用されてきたイネ科の多年草(ヨーロッパ原産)で、葉が濃い緑色で、青っぽく見えることから名付けられたブルーグラス種の芝草です。

 日本では明治初期に輸入され、長葉草(ナガハグサ)とも呼ばれています。

 寒地型芝で越冬性に優れ、永続性も高いため、日本では北海道のゴルフ場などで使用されています。

 種蒔き後の生育は遅く、地下茎が地中を横に伸び、節から根と茎が伸びて広がって生育するクリーピングタイプの芝で、回復力は強い方です。

 踏圧や刈り込みにも強いのですが、低刈りを嫌うため、ラフ、フェアウェイ、ティーグラウンドなどグリーン以外に使用されることが多い芝でもあります。

 高麗芝などの暖地型芝に比べて、葉の幅は細く、葉の硬さは柔らかく、葉に水分を多く含んでいるため、ショットでは粘り気を感じる打感になります。

 特にラフからのアプローチで、スイングスピードを上げられないショートアプローチの場合、難易度が上がると言われています。

 ただし、ケンタッキーブルーグラスと一口に言っても、いくつかの品種があり、特に品種間の差も大きいため、ショット時のクラブの抜け方にもかなり違いがあります。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

クラッチパットとは?〔ゴルフ用語説明〕

2014年11月08日 09:59

 クラッチパット(clutch putt) とは ・・・

 勝敗を左右すると意識するような非常にプレッシャーのかかる重要な場面、ここぞというときのパットのことを言います。

 clutchは『危機的状況の、大事な場面の』という意味。

 このパットが入れば優勝が決まるという場面であったり、このパットを外せば首位争いから脱落するという場面であったり、このパットを外せば来年のシード権を失うという場面であったりと、様々なクラッチシチュエーションにおいて、そのパッティングを見れば、ゴルフ選手の真の強さを知ることができます。

 ゴルフでは、途中までどれほど素晴らしいショットを積み重ねていても、最終的にカップインするまでの打数が勝敗を決するため、最終局面であるパッティングにおのずと心理的な重圧が重くのしかかります。

 そうした状況でも普段と変わりないパフォーマンスを発揮できる能力というのは、程度の差こそあれ、1打1打やり直しのきかないゴルフにあっては常に求められる種類の能力です。

 練習場でナイスショットを打つことができても、ゴルフコースでナイスショットが打てないのもこの手の脳力の不足。

 ロングホールで2オン狙いのため、グリーン上が空くのを少し待たされると打ち損じやすいのも考える時間と比例してプレッシャーも時とともに蓄積してくるから。

 ゴルフにおいては、ベストスコアよりも平均スコアやワーストスコアの方がそのプレーヤーの実力を表すと言われるのも、スコアが崩れ始めたときにいかに踏みとどまれるかが重要だからです。

 常になにがしかのプレッシャーの中、プレーすることが要求されるゴルフにあって、クラッチパットを決めることができる選手は、単に精神的に強いというだけにとどまらず、トータルに強いゴルファーの象徴と言え、賞賛に値します。



 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

コンパクションとは?〔ゴルフ用語説明〕

2015年02月15日 12:16

 コンパクション(compaction) とは ・・・

 日本のゴルフ競技において、グリーン面の硬さを示す指標(kg/㎠)のことを言います。

 数回測定した平均値が用いられていますが、日本のゴルフ場におけるグリーン面のコンパクションの値は、おおむね8~15 kg/㎠の範囲に収まっているようです。

 一般開場しているゴルフ場では、グリーン面のコンパクション値は9~11 kg/㎠程度、トーナメント開催時には11~14 kg/㎠を目標にグリーンが仕上げてられています。

 ただし、グリーン面の硬さというのは、直近の降水量が大きく影響するので、降水量の多い地域や時期にあっては、高い数値を維持しよう目指しても、下振れする傾向があります。

 逆に、風・湿度などの影響で乾燥しやすい状態では、コンパクション値は高くなる傾向にあります。

 ショットの弾道の高さやスピン量によっても違いますが、一般的に10 kg/㎠未満のグリーンでは、ボールマークがくっきりできるくらい軟らかく、14 kg/㎠以上のグリーンになると、ほとんどボールマークが付かず、ボールを弾くような硬いグリーンとなると言われています。

 日本では主に山中式土壌硬度計を使用して測定されますが、『土壌硬度(kg/㎠)』が使用されることが多いようです。

 ただし、相対的な指数の数値が混在していたり、ヤード・ポンド法の単位を仕様とした海外製の土壌硬度計で測定した数値(inch、psiなど)がそのまま使用されていたりと、やや統一性を欠いています。

 コンパクションとは、本来、プレーヤーの踏圧によって土壌が固結化すること、もしくはゴルフ競技に適した状態にするために、ローラーなどで転圧することによって、土壌を一定の硬さに固めることを指すものです。

 グリーン面の硬さは、グリーン上でのショットの止まりやすさの目安となるので、スコアに大きく関わり、プレー面での重要な要素のひとつです。

 また、土壌が一定以上の硬さになれば、芝の根の伸長を阻害するようになるので、プレー面のみならず、芝の育成管理面でも非常に重要な要素でもあります。

 元々、植物に適した土壌を管理するために、土壌硬度を簡便に測定する計器として、山中金次郎と松尾恵一の両氏が考案した山中式土壌硬度計が広く使用されてきました。
            
 土壌硬度の測定では、土壌粒子間の凝集力と外圧の圧縮によって生ずる粒子の摩擦力である『土壌支持力』を土壌硬度とみなします。

 山中式土壌硬度計を使用した調査の場合、土壌に穴を掘って垂直断面がつくられ、各層の土壌断面に対して使用されるのが普通です。

 山中式土壌硬度計では、バネ仕掛けで可動するコーン(円錐体)を土壌断面へ直角に圧しあてて、その際にバネの縮む長さを抵抗として測定する構造になっており、圧入に要する力(kg/㎠)に換算するものです。

 この硬度計にはバネの縮んだ長さがわかる0~40mmの目盛があり、『指標硬度』もしくは『硬度指数』と呼ばれています。あくまでも測定上の相対的な指数ですが・・・。

 この指標硬度(mm)までの圧入に要する力が対応目盛や対応表で判別できるようになっていて、土壌硬度(kg/㎠)がわかるようになっています。

 芝生管理の実務上は、わざわざ土壌硬度(kg/㎠)に換算せずとも、芝生の生育と測定された指標硬度(mm)の関係を理解していれば事足りるので、実務上は指標硬度がそのまま使用されることもしばしば。

 芝の場合、指標硬度が17~23mm程度で根系の発達に影響が出始め、27mm程度では著しく伸長阻害がおき、29mmに至っては伸長が困難となると言われています。

 グリーンの硬さを示すコンパクションの値の測定では、山中式土壌硬度計の本来的な使用対象である土壌断面ではなく、芝の上からグリーン面へ鉛直方向に圧しあてて測定されるため、見た目は貫入式土壌硬度計のような使い方になりますが・・・。

 グリーンのコンパクションを測定する場合にも、測定した数値をそのまま使用した方が実務では扱いやすいので、単なる相対的な指数にすぎないのはわかっていても、測定したままの指標硬度(mm)をコンパクション値として使用してしまうケースも多々あります。

 山中式の指標硬度に対応した土壌硬度(コンパクション値)は、以下のとおりです。

【指標硬度(mm)とコンパクション(kg/㎠)の対応目安】
    21.5 mm ← →  7.9 kg/㎠
    22.0 mm ← →  8.5 kg/㎠
    22.5 mm ← →  9.2kg/㎠
    23.0 mm ← → 10.0 kg/㎠
    23.5 mm ← → 11.0 kg/㎠
    24.0 mm ← → 12.0kg/㎠
    24.5 mm ← → 13.0 kg/㎠
    25.0 mm ← → 14.0kg/㎠
    25.5 mm ← → 15.0kg/㎠
    26.0 mm ← → 17.0kg/㎠
    26.5 mm ← → 18.0kg/㎠
    27.0 mm ← → 20.0kg/㎠
    27.5 mm ← → 22.0kg/㎠

 芝生管理のことを考慮すれば、指標硬度(mm)とコンパクション(kg/㎠)との対応関係から、コンパクションとされる数値が20を超えている数値の場合には、おおむね指標硬度(mm)の方を指していると思って差し支えない と思います。

 この他にも、欧米製の土壌硬度計を使用しているケースも混在しており、コンパクション値の混乱を呼んでいます。

 欧米では貫入の長さをinchで測定し、土壌硬度を重量ポンド毎平方インチ(lbf/ in²,psi)で算出する仕様になっていることが多いので、そもそもの単位が違ったりします。

 また、山中式と同様、単なる指数でしかない数値をコンパクション値としているケースもあります。

 使用した土壌硬度計の種類や測定単位が明記されていないことも多く、まったく比較ができないのも問題ですが、そもそも何も統一されていないことに起因しています。

 グリーンの速さを示すスティンプ値と同様に、ショットの止まりにくさに影響する指標として、グリーン上の硬さを示すコンパクションも概念的に受け入れられてきているので、そろそろ、コンパクション値をしっかりと定義し、使用する計器や単位を統一するべき時期にきているようです。
[コンパクションとは?〔ゴルフ用語説明〕]の続きを読む

逆球とは?〔ゴルフ用語説明〕

2015年03月18日 11:50

 逆球 とは ・・・

 スライスを打とうとしたときに出るフックであったり、左にヒッカケたくないときのプッシュアウトなど、打とうと想定していた球筋とは正反対の球筋 のことを言います。

 ゴルフではショットにおけるミスの度合いをある程度想定してゲームを組み立てることが基本となります。

 仮に、右サイドにOBエリアが広がっているホールでは、スコアを崩してしまう最悪のケースは右にプッシュアウトしたり、スライスをしたりしてOB(2打罰)になってしまうことです。

 右を警戒しすぎて反対側の左のラフに飛び込んで、多少のトラブルになったとしても、OBなどの大怪我よりはましと割り切った戦略が必要となります。

 ゴルフのコースマネジメントでは、左右のどちら側も打ってはいけないエリアだと思いこんでしまうと、心も体も委縮してミスショットする可能性が高まってしまいます。

 より危険の少ない片側のリスクを無視することによって、滑らかなスイングを邪魔する要因を少しでも排除しようとする方法論です。

 こうした考えの下では、OBエリアから球が離れる方向に変化していく球筋、上の例ではドロー・フック系の球筋が安全とされるため、自分の持ち球と合致している場合には特にこうした戦略が選択されやすくなります。

 ここで問題となるのが、意図した球筋とはまったく違う『逆球』の存在です。

 この戦略における逆球は、想定外のエリアに飛び込んでしまうミスであるだけに、スコアを大きく崩す最悪の結果を招きます。

 こうした逆球になってしまう原因と考えられているのが、人間の大脳の機能によるものです。

 大脳は「○○してはいけない」といった否定語を翻訳できない という性質を持つため、「○○してはいけない」と考えると、○○の部分に焦点が向いてしまいます。

 これは「○○してはいけない」と考えること自体、無意識に「〇〇を狙え」と脳に命令しているようなもの です。

 そのため、エイミングの観点では打ってはいけないエリアをいつまでもイメージしてはならず、フェアウェイなどの打ちたいエリア、それもポイントをできるだけ明確にイメージし直した上で、スイングに入ることがナイスショットを打つためには肝要だと考えられています。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

グラスバンカーとは?〔ゴルフ用語説明〕

2015年03月22日 14:24

 グラスバンカー(grass bunker) とは ・・・


 元々、バンカーであったところを埋めずに、窪地の地形を活かしたまま芝で覆い、芝を刈り込まずに深いラフにしている区域のことを言います。

 バンカー由来のために、『グラスバンカー(grass bunker)』と一般的に呼ばれています。

 『グラッシーハロウ(Grassy Hollows)』とも呼ばれ、ゴルフ規則での区域の性質上は、こちらの呼び名の方が相応しいと言えます。

 ゴルフ規則 第2章で定義される用語9『バンカー(Bunker)』によれば、
 「バンカーはハザードの一つで、地面から芝や土を取り払い、代わりに砂などを入れて作られた区域をいい、凹みになっている場合が多い。
 積み芝の面(草で被われているか土であるかどうかにかかわらず)も含め、バンカーのふちやバンカーの中の草で被われている場所は、バンカーの一部ではない。一方、草に被われていないバンカーの壁やへりは、バンカーの一部である。」


 と定義されているとおり、仮にバンカーとされている区域であったとしても、芝だけに限らず、草に覆われている部分はゴルフ規則上のバンカーではなく、スルーザグリーンとみなされるため、クラブをソールしても罰を受けません。

 日本ではグリーンが盛り上がった砲台グリーンなどの地形に比べ、『ハロウ(窪地)』を活かしたコース設計は少ないと言われています。

 自然の地形を活かしたグリーン周りの『ハロウ』は、ゴルフコースの戦略性を高め、攻略ルートの多様化を演出するものとなります。

 フェアウェイと同じ高さにあるグランドレベルグリーンであっても、グリーン手前に『ハロウ』があることによって、砲台グリーンへのアプローチにも似た効果を生みますし、芝を短く刈り込んでいない『グラスバンカー』は、こうした『ハロウ』の効果に加え、ヘビーラフだけに脱出が難しくなっています。

 元々がバンカーのあったところですから、コース戦略上も重要な配置となることが多く、ガードバンカーの場所ばかりでなく、フェアウェイバンカーのようにティーショットの落下地点付近にもグラスバンカーがある場合があります。

 ガードバンカーに比べれば、フェアウェイバンカーの底は深くないことが多いため、こちらのグラスバンカーは『ハロウ』の効果よりも、ラフの効果の比重が増します。

 ラフの効果によってボールにスピンがかかりにくくなるため、ヘッドスピードが遅い人ではボールが上がりきらずにドロップしてしまうことがあり、ヘッドスピードが速い人でもグリーン上でボールが止まりにくくなるので、ランを多めに計算する必要があります。

 こうしたことから、『グラスバンカー』はゴルフ規則上のハザードではないにしても、回避するにこしたことはないエリアです。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

グランドスラムとは?〔ゴルフ用語説明〕

2015年04月30日 09:27

 グランドスラム(grand slam) とは ・・・


 ゴルフのメジャー選手権のすべてに優勝することを言います。

 アマチュア選手のボビー・ジョーンズが1930年に当時の4大タイトルであった全英アマチュア、全英オープン、全米オープン、全米アマチュアのすべてを同一年度内に制覇したことから、カードゲームの『総取り』に由来 する『グランドスラム』という呼称がスポーツ界で初めて用いられたのが起源とされています。

 現在の世界メジャー選手権は、1934年から開催されたマスターズを含め、全米オープン(1895~)、全英オープン(1860~)、全米プロ(1916~)の4つですから、『グランドスラム』とは、このすべてで優勝することを意味します。

 グランドスラムとは、本来的には同一年度内にすべてのメジャーを制覇することを指しますが、マスターズ開催以降の4大メジャー制覇を同一年度内に達成したものは未だ存在しません。

 もっとも1953年にはベン・ホーガンが、マスターズ、全米オープン、全英オープンに優勝しており、当時の全米プロの日程が全英オープンと重複していて、どちらかにしか出場できなかったため、3大会ではあるものの同一年度内のメジャー全制覇と言えます。

 その後、開催日程が重複しなくなってからは、2000年にタイガー・ウッズがマスターズのタイトルは取れなかったものの、同年の全米オープン、全英オープン、全米プロに優勝しており、続く翌年のマスターズのタイトルを取ったことから、『タイガースラム』と呼ばれ、最も惜しかったケースです。

 ゴルフの場合、同一年度内の全制覇『年間グランドスラム』の達成が極めて困難であるため、『年間グランドスラム』ではなくても、生涯のうちにすべてのメジャーを制覇することを『キャリアグランドスラム』と言って、その栄誉を称えています。

 マスターズ開催以降、キャリアグランドの達成者は5名(~2014年シーズン)。  

  達成年1935年 ジーン・サラゼン(Gene Sarazen)
  達成年1953年 ベン・ホーガン(Ben Hogan)
  達成年1965年 ゲーリー・プレーヤー(Gary Player)
  達成年1966年 ジャック・ニクラス(Jack Nicklaus)
  達成年2000年 タイガー・ウッズ(Tiger Woods)


 キャリアグランドスラムという呼び方はされませんが、マスターズが開催される以前、ジム・バーンズ(全英オープン1勝、全米オープン1勝、全米プロ2勝)、ウォルター・ヘーゲン(全英オープン4勝、全米オープン2勝、全米プロ5勝)、トミー・アーマー(全英オープン1勝、全米オープン1勝、全米プロ1勝)。

 さらに、全米プロが開催される以前には、ハリー・バードン(全英オープン6勝、全米オープン1勝)も、ある意味ではプロゴルファーとしてメジャーの総取りしています。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

クラレットジャグとは?〔ゴルフ用語説明〕

2015年07月09日 13:21

 クラレットジャグ(The Claret Jug) とは ・・・

 ゴルフ最古のオープントーナメントであるThe Open Championship(ジ・オープン;全英オープン)の優勝者に授与されるトロフィーのことを言います。

 『Claret(クラレット)』は赤紫色、もしくはフランスのボルドー産の赤ワインのことで、『Jug(ジャグ)』は水差しを意味します。

 全英オープンは第1回の1860年から1870年までスコットランドのプレストウィック・ゴルフ・クラブの単独主催で開催されていた歴史があります。

 当初、優勝者には銀製の飾りで赤紫色の皮製ベルトになったオリジナル・チャレンジ・ベルト(各種スポーツで授与されるチャンピオンベルトの元)が授与されることになっており、3年連続で優勝した場合にのみ、返還しなくてもいいという『切り取り制』の規定がありました。

 この不可能と考えられていた3年連続優勝も、トム・モリスJr.の手によって早くも1870年には達成されてしまい、プレストウィック・ゴルフ・クラブは授与用のベルトを失ってしまいます。

 その後、プレストウィック、セントアンドリュース、マッセルバーフリンクスの3会場持ち回りの全英オープン開催になりますが、プレストウィク、ロイヤル&エイシェントクラブ(R&A)、オナラブル・カンパニー・オブ・エジンバラは優勝記念品の費用負担などの同意に至るまで1年以上も要したため、1871年には全英オープンは開催されていません。

 1872年大会の優勝者への記念品として、クラレットジャグの授与が始まります。

 といっても、再開した1872年大会にもトロフィーの製作は間に合わず、後日、メダルと一緒に見事4連覇を果たしたトム・モリスJr.に手渡されています。

 大会優勝時にクラレットジャグとメダルを受け取ったのは、1873年のトム・キッドからになります。(メダル授与は1929年で終了)

 1928年以降、オリジナルのクラレットジャグはロイヤル&エイシェントクラブのクラブハウスに保管されるようになり、1908年にモリス家から寄贈されたオリジナル・チャレンジ・ベルトと一緒に常設展示されています。

 トロフィーの台座部分には歴代の優勝者の名前が刻印されていますが、試合の終盤に勝者が決まりそうになると、試合中にプレーヤーの名前を彫り込むシーンがテレビ中継で映し出され、まさにゴルフの歴史にその名を遺す瞬間に立ち会っていることを演出しています。

 全英オープン優勝者にはオリジナルのクラレットジャグが授与されますが、翌年の大会までにはオリジナルを返還し、その代わりとしてレプリカのクラレットジャグを貰い受けることに。

 世界最古の最も権威のあるタイトルだけに、ゴルフ界最高栄誉の証になっています。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

ゴルフ肘とは?〔ゴルフ用語説明〕

2015年08月16日 09:58

 ゴルフ肘 とは ・・・

 上腕骨上顆(肘の内側、もしくは外側の骨の出っ張り)の部位に生じた炎症で、上腕骨上顆炎 という病名で呼ばれています。

 ゴルフやテニスを始めたばかりの人に多い症状のため、ゴルフ肘、テニス肘などと呼ばれますが、スポーツをしていない人でも家事や仕事などで肘の関節の曲げ伸ばし動作を繰り返すことの多い人に発症しやすい怪我と言われています。

 テニス肘は肘の外側の痛みが中心ですが、ゴルフでは肘の内側に痛みが出ることが多いばかりでなく、外側にも痛みを感じる場合があります。

 上腕骨上顆部の内側の部分は、指や手首を内側に曲げる筋肉の付け根にあたり、外側の部分の方は、指や手首を外側に反らす筋肉の付け根になります。

 日常動作でもよく使用する筋肉ですから、過度に負荷をかけると、筋肉や靭帯などに炎症が起こりやすく、一度炎症を起こしてしまうと、日々使う部分だけに治りにくい部位でもあります。

 何よりも予防が大事になります。

 ゴルファーに多いことから、ゴルフ肘と名付けられてはいるものの、正しいゴルフスイングをしていれば、過度な練習や間違った練習をしない限り、まず、ゴルフ肘になることはありません。

 ゴルフ肘になる一番の原因は、人工芝のマットを敷いてある練習場で大きくダフることです。

 人工芝自体は軟らかい素材でできていますが、想定していないほど大きくダフると、その下の硬い床を叩くことになり、その衝撃が腕への負担となります。

 練習で頻繁にダフるようなら、アイアンやウェッジでもティーアップをできるだけ高くして、クラブフェースをティーに当てずに、ボールだけを打つ練習に切り替えれば、肘を傷めることなく、技術面の向上でゴルフ肘になりにくいスイングを身につけることができます。

 また、あまりダフらない人でゴルフ肘になってしまった人は、グリップを強く握り過ぎていたり、インパクト付近で手首を急激に掌屈させたりといったゴルフスイングのタブーを犯している可能性があります。

 その辺も注意してチェックしてみてくださいね。

 ただし、バンカーのエクスプロージョンショットのように、正しいスイングをしていても腕に負担のかかるショットもあります。

 バンカーが苦手だからといって、むきになってエクスプロージョンショットの練習をし過ぎるとゴルフ肘になることもあるので、練習はほどほどに。

 ゴルフクラブを持った状態で、手首を掌側に曲げたり、甲側に曲げたときに痛みが増すようなら、ゴルフ肘の疑いがあります。

 痛みが出るようなら、早めに専門医に相談することをお勧めします。

 治療では、サポーターなどで前腕部を圧迫したり、湿布などの外用薬、ストレッチ、マッサージ、温熱療法が中心で、痛みがひどい場合には消炎鎮痛剤を内服したり、副腎皮質ステロイド薬の局所注射を併用したりします。

 症状を緩和するには、手をできるだけ安静にして炎症が治まるのを待つしかないので、ゴルフのラウンドや練習をお休みすることになります。

 ゴルフを始めたばかりの頃に練習を中断すると、いままで身につけた技術を失うスピードも速いので、ゴルフの上達も著しく遅れてしまいます。

 何よりも自分の身体なのですから、労わってあげてくださいね。

 多少体力が落ちても続けられるのがゴルフの魅力ですから、健康を第一に考え、ご自愛ください。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

ギャップウェッジとは?〔ゴルフ用語説明〕

2015年09月02日 09:51

 ギャップウェッジ(gap wedge) とは ・・・

 PW(ピッチングウェッジ)とSW(サンドウェッジ)との間の距離を埋めるクラブのことを言います。

 アイアンは番手間の距離の差が一定になるように、概ねロフト角4度間隔とクラブ長0.5インチ間隔でフロー設計されています。

 ウェッジ類のクラブは、少し前までは長さのバリエーションは少なかったのですが、最近では豊富なロフトバリエーションに合わせて、0.25インチ刻みで長さを細かく変えてあるモデルも発売されています。

 ウェッジ類はフルショットしないクラブとはいえ、こうしたロフト角、クラブ長を始め、クラブ総重量、シャフト重量などにも配慮し、最初のうちは距離の階段に沿って組んでおくと役立ちます。

 もう少し上達して、振り幅で距離を管理できるようになったら、他のアイアンやウェッジのコントロールショットの距離と重複しないように、振り幅のコントロールショットで打ち分けられる基本距離のバリエーションが増えるようなギャップウェッジを選ぶことが大切です。

 そもそも、昔のゴルフクラブのセットでは現在ほどPWとSWのロフト角の差は大きくなく、ギャップウェジは必要とされていませんでした。

 PWとSWのロフト角の差が大きくなり、ギャップが生じたのには次のような事情があります。

 昨今では飛距離を売りにしたアイアンが売れることもあって、従来のアイアンよりもロフト角を少なくしたストロングロフト化したアイアンが定着しています。

 一昔前のアイアンと現在のアイアンを比べると、平均して4度程度はロフト角が立ってきており、シャフトの軽量化とともに長尺化もしています。

 ストロングロフトとは言うならば、以前であったら5番アイアンになるべきクラブに6番アイアンと刻印し・・・9番アイアンにPWと刻印しているようなものです。

 こうした流れについていけなかったのがSWです。

 SWだけは今も昔もバンカーからの出しやすいということが第一の売りとなりますので、エクスプロージョンショットを打ちやすいロフト角である56~58度を保持する必要から、ストロングロフト化を免れています。

 こうなるとストロングロフトのPWとロフトがほぼ固定のSWの間には1番手以上の差が生まれてしまいます。

 この飛距離のギャップを埋める目的で生まれたのが、PS(ピッチングサンド)やAW(アプローチウェッジ)、DW(デュアルウェッジ)などと呼ばれたクラブ達です。

 モデルによって呼び方は様々ですが、初心者用のフルセットクラブではギュップウェッジとしてこうしたクラブが今も加えられています。

 最近のアイアンのセット販売では5番アイアンからPWまでのセットが主流で、他のウェッジ類はオプション設定になっているか、ウェッジだけ別モデルになっています。

 同じモデルのオプションウェッジを選ぶのもよし、違うモデルやメーカーの異なるウェッジを選ぶのも本人の自由です。

 違うモデルやメーカーの異なるウェッジを選ぶ場合は多少の失敗は覚悟しなければなりません。

 モデルやメーカーの違うウェッジでもロフト角を中心に選択していくことになるわけですが、設計構造の違いから、必ずしも意図した距離にならないこともあるからです。

 特にバウンス角の大きいタイプのウェッジは、インパクト時にロフトが立ちやすいため、設定ロフト以上に飛距離が出やすい傾向があり、反対にバウンス角が小さすぎても、思っていたほど飛距離が出にくいこともあるので、頃合いを見極めるのも難しいところです。

 ステンレス製のウェッジでは再加工ができないため、違うロフトのクラブを買い直すことになりかねませんが、軟鉄製のウェッジであれば、微妙に距離が合わない程度なら、多少はロフト調整で修正することができます。

 それでも、ロフト調整は一般的に考えられている以上に複雑な加工になるので、信用あるお店に頼まないと、アライメントが狂ってしまうことも。

 クラブの本数が14本と決められているだけに、ラウンドするコースや用途に合わせて、必要なものだけをクラブセッティングに加えていきたいものです。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

公傷制度とは?〔ゴルフ用語説明〕

2015年09月10日 06:49

 公傷制度 とは ・・・

 トーナメント期間中に試合やトレーニングで負った怪我や病気が原因で試合に出場できない場合、公傷として公式に休場を認め、シード権獲得の期間猶予を与える制度のことを言います。

 日本のプロゴルフツアーの場合、男女とも、『特別保障制度 』という名称でツアー規定に定められています。

 公傷認定では、申請にもとづいて指定医師を含む委員で構成される専門委員会が招集され、委員会の審議を経て決定されます。

 あくまでも公傷制度ですので、怪我や病気の原因が明らかに試合とは関係ない場合には認められません。

 故障の程度に応じて適用期間が決定され、病状が変化した場合には、委員会の承認を得た上で、期間を延長することや短縮をすることも可能ですが、最大でも公傷と認定された大会から1年間までを限度としています。

 公傷制度を使用せず、もしくは認められずに試合を欠場する場合には、当然のことながら、休む前の試合と復帰後の残り試合だけで、翌年のシード権獲得の条件をクリアしなければなりません。

 限られた状況の中で、翌年のシード権獲得の条件をクリアできれば何の問題ないのですが・・・。

 公傷制度が適用されれば、認められた試合の数だけ休場するわけですが、休む前の試合と復帰後の残りの試合で、翌年のシード権獲得の条件をクリアできなくても、まだチャンスは残されています。

 条件をクリアできない場合でも、その年に出場できなかった試合の数だけ、前年のシード権の資格で翌年の試合に出場することができ、かつその試合で獲得した賞金額を前年の獲得賞金総額に加算することができる からです。

 この合計賞金総額が前年の賞金シード獲得の最下位の選手の賞金総額を超えれば、遅ればせながら、その年のシード権を獲得したとみなされる仕組みになっています。

 プロスポーツ選手は最高のパフォーマンスを発揮するため、身体を限界近くまで酷使することを余儀なくされます。 

 また、選手寿命の長いゴルフにあっては年齢とともに怪我や病気のリスクも高まります。

 スポーツ選手にとって、健康管理は自己責任とはいえ、アクシデントによる故障も含めれば、自己責任として選手だけに責任を負わせてしまうのは酷すぎます。

 故障しているにもかかわらず、無理に試合に出場して、無駄に選手寿命を縮めないように、治療とリハビリに専念してもらう目的で、この公傷制度が制定されています。

 公傷制度を利用することをずるいと考える向きもありますが、病を押して試合に出場したとしても、所属ツアーの質を下げているだけということを自覚する必要があります。

 プロツアーの賞金というのは、それまでの選手が切磋琢磨してツアーの質を高め、築き上げてきた結果、そこにファンが付き、その宣伝・広告費に見合う資金をスポンサーが提供してくれるからこそ、そこに存在しています。

 現役選手がツアーの質を下げてしまった場合、将来の選手の賞金を奪うことにもなりかねません。

 公傷制度を活用し、しっかりと故障を治した上で、再びファンを魅了するプレーでトーナメントに戻ってくることが、プロゴルファー本人、ひいてはプロゴルフ界の未来を拓くことにも繋がるので、ご自愛ください。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

カジュアルウォーターとは?〔ゴルフ用語説明〕

2015年10月31日 11:46

 カジュアルウォーター(casual water) とは ・・・

 コース上のウォーターハザード以外の区域で、一時的にできた水溜まりのことを言います。

 スタンスを取る前から見える水溜りはもちろんのこと、スタンスを取ったときに見える水溜りもカジュアルウォーターに該当します。

 降雨による水がカジュアルウォーターの中心となりますが、雪・ひょう・あられなどの自然に降ってきた氷の類、及び霜柱はカジュアルウォーターとして扱うこともできるほか、ルースインペディメント(規則23)として扱うこともできます。

 同じ自然にできた氷や水であっても、霜と露はカジュアルウォーター扱いにもルースインペディメント扱いにもならない点に注意が必要です。

 また、同じ氷であっても、人造の氷は障害物(規則24)として扱われます。

 カジュアルウォーターからの救済は、異常なグラウンド状態(規則25)の規定が適用されます。

 球がカジュアルウォーターに触れている場合、もしくはプレーヤーのスタンスや意図するスイング区域の障害となる場合、原則として罰なしに救済を受けることができます。

 スルーザグリーンでは、カジュアルウォーターの状況を回避できるハザードとパッティンググリーン以外の場所に救済のニヤレストポイントを決定し、1クラブレングス以内でホールに近づかない所にドロップします。

 パッティンググリーンでは、カジュアルウォーターの状況を回避できるハザード以外の場所に救済のニヤレストポイントを決定し、1クラブレングス以内でホールに近づかない所にプレースします。

 バンカーでのカジュアルウォーターからの救済では、カジュアルウォーターの状況を回避できるバンカー内の場所に救済のニヤレストポイントを決定し、1クラブレングス以内でホールに近づかないバンカー内にドロップします。

 バンカーの全面が水溜りになってしまっている状況では、バンカー内に完全な救済が得られる場所がないこともありますが、この場合であっても無罰の救済であれば、バンカー内でその状況から最大限の救済が受けられて、ホールに近づかずに、しかも球のあった箇所にできるだけ近い所にドロップしなければなりません。

 もしくは1打罰のもとであれば、ホールと球を結んだ後方延長線上でバンカー外の後方にドロップすることを選択することもできます。

 こうした救済方法から見ても、バンカー内のカジュアルウォーターだけはウォーターハザード並みに危険なエリアとなることもあるので、長雨が続く状況や豪雨の場合には、バンカーに入れないようなコースマネジメントがより重要度を増すというわけです。

 ちなみに、ウォーターハザードの水やハザード内の地面に触れることは禁止されていますが、バンカー内のカジュアルウォーターにクラブで触れても罰はありません。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

カラーリングとは?〔ゴルフ用語説明〕

2016年05月12日 11:45

 カラーリング(coloring) とは ・・・

 低温になると退色してしまう芝に対して、着色剤を用いて緑色に染めて、芝の生育を助けることを言います。

 日本のゴルフ場のグリーンでは、現在、常緑のイメージの強い寒地型芝草であるベント芝が使用されているところがほとんどですが、フェアウェイやラフには北海道や東北地方などの涼しい地域を除けば、暖地型芝草である高麗芝や野芝が中心です。

 こうした暖地型芝草は気温が概ね10度以下になってくると休眠状態に入り、葉や茎が緑色から次第に黄色に変色してきて、冬場にはフェアウェイとラフの全面が真っ黄色になってしまいます。

 暖地型芝草がベースとなる場合、寒地型芝草をオーバーシードすることによって、冬場でも常緑に保つ方法があるのですが、ベースになっている高麗芝や野芝は根が弱いため、オーバーシードした芝を枯らして元の状態に戻すトランジションが難しいという欠点があります。

 高麗芝・野芝に対してのオーバーシーディングでは、トランジションしやすいように改良された品種が用いられているのですが、それでも日本のゴルフ場でオーバーシードが行われているのは1割にも満たないのが現状です。

 日本のゴルフ場で、冬場でもフェアウェイが鮮やかな緑色だったとしたら、芝生用着色剤でカラーリングされていると考えてほぼ間違いありません。

 また、ベントグリーンであっても、冬場には幾分色味が薄くなるため、緑を補うためにも使用されてもいます。

 一昔前のカラーリングでは元々ケンタッキーブルーグラスなどの青みがかった寒地型の西洋芝を見本として彩色されたことの他、黄色と青色を混ぜ合わせて作られていた緑色の内、黄色の成分が分解されやすかったため、日増しに青さが増して不自然になることもありました。

 昔はボールやゴルフシューズだけでなく、ズボンの裾にも緑色が付くこともあったことを記憶している人もいると思いますが、現在では固着性に優れた着色剤が使用されており、特にアクリル系樹脂の着色剤の場合、色移りを心配する必要はありません。

 一般的にカラーリングの時期は休眠期に入る前に行います。

 葉を緑色に着色すると、赤外線の吸収効率を高めるため、その保温効果により、休眠時期を遅らせることができますし、霜や雪が解けるのを助け、翌春になって芽吹き出す時期をも早めることができます。

 着色と聞くと、どうしても不自然さを感じざるをえないのですが、芝の生育を助け、気持ちよくプレーできる期間が少しでも長くしようとする試みでもあるわけです。


 ゴルフ用語説明 か行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る


最新記事