人気ブログランキングへ 

チーピンとは?〔ゴルフ用語説明〕

2017年04月05日 10:59

 チーピン とは ・・・

 急激に左に曲がっていく球筋のことを言います。

 所謂、ダックフックのことです。

 麻雀牌のチーピン(ピンズの7)の模様が左に飛んでいく球筋に似ていることから、俗にはこう呼ばれています。

 普段は比較的真っ直ぐ飛ぶのに、ラウンドの後半になって、疲れてくると曲がり出す人も多いのがこの球筋。

 チーピンの原因は、一般的には下半身が止まり、腕だけでスイングしたことによるものとされています。

 構造的には身体の各部分の動きのズレによるものです。

 普段から下半身リードでスイングできている人でも、疲れてきて、足の動きが遅くなってくると、上半身の回転する動きと同時に、土台となる下半身の回転の動きを行ってしまうことがあります。

 これは回転する椅子の上に、もう一つ回転椅子を載せたようなもので、回転するスピードが速くなる反面、インパクト領域の直線部分が少なくなるために、方向のコントロールが難しくなります。

 普段から日常的にこうしたスイングをしている人ならともかく、疲れたことが原因で勝手にインパクトのタイミングが早くなるわけですから、フェースが左にかぶったインパクトになってしまうというわけです。

 また、普段からスライス気味な手打ちスイングの人にも、チーピンの症状は出ることがあります。

 こちらはそもそも下半身の動きが少ないので、アウトサイドインの軌道で、トップが浅くなる傾向があります。

 トップが浅いと指摘されたり、インサイドインのスイングが正しい軌道だと学んだりした人は、それをどうにか直そうと自分流に工夫します。

 その浅いトップを補うために、腕の動きで過度にインサイドに引くことによって、普段からインサイドスイングの辻褄を合わせようとしてしまうものです。

 こちらも疲れてくると、問題が生じます。

 筋肉を使用して、筋肉の温度が上がれば、身体の柔軟性は増しますが、燃焼・冷却を繰り返すと、今度は次第に柔軟性が落ちて、身体が硬くなってきます。

 ラウンドの後半には、腕だけでインサイドに引く動きが出来にくくなってくるため、アウトサイドインの軌道に戻った瞬間に、左に向いたままのフェースが引っ掛けのミスを生んでしまうというものです。

 後半、腕が疲れて、飛距離が落ちることを自覚すると、無理をして腕力に頼ると、更に左への被害が広がります。

 手打ちにしろ、下半身リードのスイングにしろ、疲れに気づかず、そのまま放置しておくのは危険というわけです。

 チーピンが出てしまった後に気づくのでは遅く、もう取り返しのつかないほどのピンチに陥っているはずですから・・・。

 それには事前のケアや対策を考えておくことが大切です。

 手打ちの人はまずはそれを直すとしても、直るまでは後半には飛距離が落ちてしまうことは容認して、振りを強めないことです。

 下半身リードができている人でも、ラウンドの後半には、スタンス幅を気持ち狭くして、下半身が動きやすくする工夫をしたり、フロントランジやサイドランジなどのストレッチで、足首・膝・股関節の動きを解してあげたりする習慣を身につけることも必要となります。

 コンディションの変化に応じて、ルーティンを変えることも時には求められるというわけです。

 もっとも、1ラウンドくらいの間であれば、プレーに支障をきたさない程度に、普段から身体を鍛えておくことが、スポーツとしては当たり前事項だったりしますが。


 ゴルフ用語説明 た行 カテゴリ〔サイトマップ〕へ戻る
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト


最新記事