人気ブログランキングへ 

捻転差の大きさよりも飛距離アップに貢献してくれるものとは?

2017年03月01日 09:19

 飛ばし屋のスイング解説をする場合、必ずと言っていいほど取り上げられるのが下半身と上半身の捻転差。

 実際のところ、捻転差がゴルフスイングにとって大事であろうことは、誰しも漠然と認めるところでしょう。

 でも、捻転差に関しては誤解が多いものです。

 そのひとつが下半身と上半身の捻転差が大きいほど飛ぶと勘違いされている点。

 一般的に捻転差と云った場合、トップポジションで、ヒップターンによって腰が右に約45度回転した状態とソラックスターンによって肩が右に約90度回転した状態との約45度の角度差のことを思い浮かべることでしょう。

 これはこれで意味のあることなのですが、飛ばし屋に共通する捻転差とは別物です。

 もし、捻転差を大きくして飛ばそうとする意図で、ショットをする前にストレッチを行っているとしたら、大問題です。

 運動する1時間以内に可動域を広げる静的ストレッチをしてしまうと、一般的にスピードに関するパフォーマンスは低下してしまうことが、運動生理学の分野では常識となっています。

 こういう急性的な可動域の拡大は、飛距離アップには貢献してくれないばかりか、害にすらなります。

 それでは飛ばしに貢献してくれる捻転差とは何なのか?

 そもそも下半身と上半身の捻転差とは、下半身が上半身よりも先行する下半身リードによって生じるものです。

 ただし、スイング軌道の再現性を目的とするものとスイング加速のためのものとでは、下半身リードの性質も異なります。

 どちらも『引く』ことのメリットを主眼としたものですが、スイング軌道の再現性のための下半身リードでは、スイング中終始、捻転差が維持され続けるのに対し、スイング加速のための下半身リードでは、一時的に捻転差に小さな変化が生じます。

 この変化する捻転差は、左腕から左広背筋にかけての部分の伸びによるものです。

 模範的とされる切り返しの動作では、トップに至る前、クラブがバックスイング側に動いている最中に、下半身はクラブの運動方向とは反対側に先行して動き出します。

 この時、バックスイング側にまだ慣性移動しているクラブとは反対方向へ動きを下半身が導くことによって、主に身体の左腕と左広背筋の部分が両方向へ引き伸ばされることになります。

 これがいわゆる切り返しの『間(ま)』というものです。

 『間』と言うと、トップポジションで1拍待ってから打ちに行くイメージを持つかもしれませんが、仮に1拍待てば、その間もクラブは慣性で進み続けるので、トップポジションを通り越してクロスオーバーしてしまいます。

 『間』と云うのは、待つ際にできるものではなく、はたまた同時に動くどころか、バックスイングの最中に下半身が動き出す際にできるものとイメージし直してくださいね。

 クラブがまだバックスイング中に下半身が動きだしても、身体が引き伸ばされるので、傍から見ると、一瞬止まったように見える『間』が生じるだけです。

 とはいえ、引き伸ばされる伸び代部分は腱の部位だけですから、捻転差と呼ぶには余りにも小さな変化ではあります。

 それでも、上半身と下半身を同時に切り返した場合とは比べ物にならないくらいの威力を発揮してくれます。

 以前にストレッチ・ショートニング・サイクルとして紹介したとおり、筋肉は単に収縮するよりも、引き伸ばされた後に収縮した方が大きな筋力を発揮できます。

 それは筋出力と発動レベルが反比例する7つの筋肉の種類に着目し、遅筋よりも発動しにくいが、収縮速度の速い速筋を稼働させるための方策でした。

 ここで重要なのは筋出力の違いだけでなく、力の働く方向も大事です。

 単に下半身と上半身の捻転差を大きくしようとして、無理やり身体の力で捻りあげても、それが戻る際に、その力は飛球線とは正反対の方向に向い、遠回りの軌道を描き過ぎるため、ダウンスイング側へ加速させることは方向的に難しくなります。

 これに対して、慣性移動しているクラブの運動を利用すれば、クラブの慣性エネルギーが消費された瞬間に、左広背筋に引かれて、身体の近くを腕が内回り軌道で下りてくるため、ダウンスイング側へ加速させることが方向的にも容易になります。

 下半身リードの感覚を掴むのには、上下で引っ張り合いをするイメージで動作を開始することが大切です。

 上半身と下半身が同時に動いてしまっている人は、開始のタイミングが遅過ぎます。

 クラブが真上に上昇しているイメージの時に、膝から力を抜いて身体全体が落ちる自然落下するイメージで、身体が上下に引っ張られる感覚を掴むくらいで丁度良いかもしれません。

 これができると、次の行程のクラブが自然落下させることもできるようになり、ハーフウェイダウンのポジションまで上半身が打ちにいかずに済むため、そこまでタメを深く維持することができるメリットもあります。

 もし、飛距離を伸ばしたいと考えているのなら、捻転差を大きくしようとするよりも、クラブの慣性力を利用した下半身リードを身につけてみてくださいね。


 飛距離アップテクニック カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト

スイングの美味しいところを利用しないのは損!?

2017年03月25日 15:07

 ゴルフクラブの進化とともに、その道具に合わせてスイングも変化していると言われています。

 確かに、ヘッドの素材はパーシモンからメタル、現在はチタンへと変わり、軽量化によって、様々な形状で、ヘッド容量も大きくなってきました。

 シャフトの素材にしても、ヒッコリーからスチール、現在はカーボンへと変遷し、工業製品の安定性というだけでなく、剛性・弾性などの性能もアップし、こちらも軽量化が図られ、目まぐるしく変化し続けています。

 ただし、ゴルフクラブの性能が向上しているとは言っても、刀が斧や槍へと変わったわけではなく、ゴルフクラブとしての基本的な形状・性質は保たれたままです。

 ゴルフには伝統を重んじる規制がゴルフ規則の中には折り込まれていますから、これは当然のことです。

 道具の進化によって、いままでのスイング理論はまったく意味を成さないなどということはありません。

 中にはキャッチコピー的に従来の理論を一新するような文言が使われるケースもありますが、その中身も従来あるものの延長線上にあるものにすぎないか、まったく論拠に乏しい独り善がりな解釈であったりします。

 ゴルフは長い歴史の中、いろいろと方法論が試されてきました。

 その中で今まで消えずに残った技術に関しては、何らかの有意義な部分があるとみた方が賢明だと言えます。

 タメを作るスイングにしても同様です。

 プロゴルファーの間では、タメの比重は年々低くなってきています。

 最近では体幹の動きを主体としたスイングがスイングの安定性の面から重視されていますが、これはトレーニング方法が発達した結果、スイングのエネルギー効率を無視しても、この非効率さを体力面で補う方法があるからです。

 それでも、タメが必要無くなったわけではなく、そのマイナス点の部分を排除した形で利用され続けています。

 アマチュアの場合、プロアスリートのようなトレーニングはなかなか望めないわけですから、タメのプラス部分を利用しないのは損にしかならないとも言えるくらいです。

 それではタメのプラス部分とはなんでしょうか?

 それはゴルフをしている人であれば誰でも聞いたことがあるくらい有名なことです。

 そう、ヘッドスピードが上がるということです。

 ただし、タメを作れば、即飛距離が伸びるわけではありません。

 でも、一度作ることができれば、リリースする瞬間だけはヘッドスピードは劇的に上がってしまいます。

 これはアーリーリリースの人でも一緒です。

 リリースのタイミングが早い人では肩口、平均的なアベレージであれば、腰の高さでくらいまでにはタメのリリースが済んでしまいますが、この瞬間だけはクラブヘッドの動きが速くなっています。

 シャッタースピードを速くした高速連写やハイスピード動画撮影できるカメラで撮影して、一コマずつ送って確認してみれば、一目瞭然。

 それまでなかなか先に進まないヘッドの動きが、急激に大きく動くコマを見つけることができるはずです。

 それこそ、「ワープしたの?」と訝しむほどの激変ぶりです。

 それは手首のコックを解いた瞬間と右肘のタメを解いた瞬間の二箇所。

 この二箇所の加速域をインパクト領域に持ってくるのがプロの技というわけです。

 ただし、余りにも劇的に加速するためにデメリットもあります。

 少しでもタイミングが狂えば、入射角が安定しないという点が第1の欠点。

 急加速によって、スピン量も増えてしまうのが第2の欠点です。

 プロのスイングが、タメを抑えて体幹スイングでパワーを補う方向に移っていったのはこうした理由からでもあります。

 例えば、30歳後半のセルヒオ・ガルシアが今でもヘッドスピード55m/s程度を保っていられるのも、このタメのお陰様ですし、そのデメリットのため、同程度のヘッドスピードを出せる体幹を鍛えた若い選手に比べて、幾分かは平均飛距離で負けてしまうのも、致し方ないことです。

 プロにとっては若干のデメリットはあるものの、アマチュアが見逃してしまうには余りに惜しい部分です。

 ただし、アマチュアのほとんどができないことを考えると、確かに難しい技術であることには違いありません。

 自力で左肩を動かした瞬間にタメはリリースしてしまいますから、プロは幾つかの技術でこれを防いでいます。

 バックスイングではコックを入れないで、関節を柔らかく保ったまま、下半身リードの切り返しで、遅めにタメを作ることもそのひとつ。

 バックスイングでは右膝の位置を保ったままにして、その反動で静かに下半身を戻すのも、左肩の力で肩を戻さず、下半身の動きでタメをリリースさせない方策のひとつ。

 切り返しの後、腕を真下に落とすのも、タメをリリースさせずに、インパクトのできるだけ近くまでクラブを進める技術のひとつです。

 腕を落として、ハーフウェイダウンの位置になって初めて、方向転換して振り出すことによって、タメのリリースをインパクト付近まで遅らせているというわけです。

 ヘッドスピードの遅い人がこのスイングの美味しい所を利用しないのは勿体ない話です。

 スイングの再現性では劣るため、自分が指向するゴルフの好みによっては邪魔になる部分もあるかもしれませんが、飛距離を望む上では避けては通れない大切な技術というわけです。


 飛距離アップテクニック カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

飛ばし要素となる前傾姿勢とは?!

2017年03月29日 13:37

 ゴルフレッスンを受けたり、ゴルフスクールに通ったりしたことがある人は、必ずと言っていいほど、前傾姿勢の大切さを教え込まれます。

 レッスン本から独学でゴルフを学んだ人にしても、その重要性に気づかずに読み飛ばしていたとしても、読んだ本の中のどこかには、前傾姿勢の大切さが語られていたはずです。

 これほどまでに重要視されてきた前傾姿勢ですが、その内容はスイングの再現性に関するものがほとんどしょう。

 その内容というのは、スイングは楕円軌道となるため、スイングプレーンに対して直角な軸を用意してあげること。

 クラブ設計通りのライ角に沿ったスイングプレーンを作るには、そのスイングプレーンの面に対して直角になる角度まで、上体を前傾させることが必要とされます。

 これをもって、スイングが歪まず、プレーン上を滑らかに振ることができるというものです。

 これまではゴルフをしてきた者なら、誰でも聞いたり、読んだりしてきた内容なので、改めて詳しく説明する必要はないでしょう。

 ここで問題とするのは、スイング中にプロがこの前傾姿勢を保っているかという点です。

 その週に調子の良い選手のスイングを取り上げて、スロー再生を見ながら、解説者が「前傾姿勢が崩れず、頭の位置が変わりませんね。」なんてコメントをすることを目にする機会が多いと思います。

 実際、アマチュアと比べれば、相対的に前傾姿勢が保たれ、頭の位置も激しく変化しないのですが、「あれ?結構、変わっているよね?」と疑問に思った方も多いはず。

 そうなのです。

 プロの中には前傾姿勢をかなり変化させるタイプの選手がいるのです。

 特に最近の選手は幼少期からゴルフに親しんだボーンゴルファーであることに加え、プロツアーで活躍する年齢も若年化していることもあって、そのジュニア時代のスイングが色濃く残る傾向が強まっています。

 体重も少なく、身長も低い子供達が一生懸命に飛ばそうとして、本能的に編み出すジャンプアップスイング。

 膝の曲げ伸ばしによって、スイングの回転軸の一つである左肩を上下にタイミング良く引っ張って、回転するクラブを加速させています。

 無意識の沈み込みとジャンプによって、ストレッチ・ショートニング・サイクルの原理をスイングに取り込んで、加速に利用しているのにはただただ驚くばかりです。

 スイングの再現性が悪くなるからといって、大人が止めさせる傾向があるのは残念なところでもあります。

 このジャンプアップスイングが再現性に対して悪さをするのは、正しい前傾姿勢を取っていない人、もしくは身体の硬い人だけの話。

 仮に前傾が浅い棒立ち姿勢だと、沈み込みにしても、ジャンプの伸び上がりにしても、その上下動がそのままスイング面を上下に揺さぶってミスが出てしまうことは、周知のとおりです。

 ただし、スイングの再現性を高める前傾姿勢の役割は、何が何でも前傾角度を保つということではありません。

 通常、沈み込みと伸び上がりの相殺で、上下動の帳尻を合わせて、頭の位置が上がり過ぎるのを防ぎ、スイングの再現性を妨げないというだけの目的ですが、さらなる進化形が存在します。

 飛ばすためのエネルギーがスイングの再現性に対して悪さをするのを柔軟性で吸収してしまうのがその役割です。

 そのためには前傾姿勢を保つ意識ではなく、股関節を柔らかく保ち、膝を曲げて沈み込んだ後、膝を伸ばすと同時に腰全体を後ろに引くことによって、前傾角を大きくする動作が利用させています。


 腰全体を後ろに引くことによって、前傾角を大きくして、より積極的に頭の位置を更に下げて、最終段階のフォロースルーからフィニッシュまでのヘッドの加速にも利用しています。

 インパクトで頭を下げて、深くなった前傾角の分だけ、左肩の回転を上向きに働かせる余地を作って、重力加速度の方向と合わせて、更なるスイング加速に利用している選手がいる点も見逃せません。

 積極的に足を使った上下の動きは、柔軟性を失った人にとってはマイナスになることも確かです。

 ですが、柔軟な身体を持つ者にとっては、股関節を柔らかく保ち、前傾姿勢を変化させた重心コントロールによって、再現性でマイナスにならずに、飛距離の面でプラスになる動かし方もあるということを覚えておいてくださいね。

 身体の硬くなった中年男性では、まずはストレッチからになりますが・・・。


 飛距離アップテクニック カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

素振りは実際に打つときよりもヘッドスピードが速いのが正解!

2017年05月27日 11:49

 一昔前とは違い、大型店のゴルフショップだけでなく、ゴルフ練習場であったり、廉価版のヘッドスピード測定器が販売されていたりと、自分のヘッドスピードを測れる環境には恵まれています。

 実際にヘッドスピードを測ってみると、測定値にかなり違いがみられる場合が多々あります。

 これは測定誤差が大きいということよりも、むしろ設定誤差が大きいということに起因しているようです。

 例えば、ゴルフクラブを売りつけたいと考えるショップは、ヘッドスピードが速いと煽てて気分良くするために、ヘッドスピードの測定値が高めに出るように設定された機械を使用する傾向があることは昔から噂されているところです。

 市販の廉価版ヘッドスピード測定器は、最初はシャフトの先端に取り付けるバネタイプの簡素なアナログ式のものでした。

 その後、磁気テープをヘッドに貼るデジタル式のプロギア『ヘッドスピードステスター』が発売されました。

 やっとデジタル化された測定値を気軽に測れる気分を味わえたものです。

 ただし、測定器の傍を磁気テープが通らないと、測定ができず、初心者にはかなり緊張を強いられるという弱点がありました。

 2007年に発売されたブリヂストン『サイエンスアイポータブル』もまた磁気テープタイプでした。

 2008年にはマグネットテープが必要とせず、レーダー測定の技術を利用したユピテル『ヘッドスピードテスター GST-1』が発売されたのは画期的な出来事でした。

 その後、アトラス『ゴルフスイングトレーナー(GST)』シリーズとして、廉価版ヘッドスピード測定器の主流になっていきます

 また、初期型のGST-1が発売された翌2009年には、ユピテル製でプロギアOEM製品のプロギア『レッドアイズポケット』が発売されています。

 以前、こうした廉価版のヘッドスピード測定器を同時に並べて測定したところ、

ヘッドスピードステスター > ゴルフスイングトレーナー > レッドアイズポケット

 の順で、2~3m/sずつ測定値が低く出たのを記憶しています。

 自分のヘッドスピードを測る機会は増えたにしても、本当のところは自分のヘッドスピードがどの程度なのかという疑問はまだまだ残るかもしれませんね。

 こうした各測定器による値の違いはあるものの、測定器毎の測定誤差はそれほど大きくないので、これから飛距離を伸ばそうとする場合には初期値として充分使用できます。

 飛距離はヘッドスピードだけで決まるものではないので、あくまでも目安として使用することにはなりますが、フィードバックするための手掛かりの一つになることは確かです。

 さて、お題の素振りと実際に球を打つ際のヘッドスピードの違いです。

 磁気テープタイプはインパクトゾーンのヘッドスピードを測るものでしたが、移動体を検知するレーダータイプで、素振りを測定した場合には測定範囲の中で最速の測定値を表示することになります。

 素振りでのスイング中、インパクト前が最速であっても、インパクトゾーンで最速になっていても、はたまたインパクト後に最速になっていたとしても、その最速値が同じであれば、その値がそのまま表示されます。

 素振りで出た高い値は、インパクト時のヘッドスピードを必ずしも示すものではないということです。

 実際に球を打つ場合、インパクトでボールとヘッドが衝突すると、ヘッドのエネルギーがボールの加速に消費されてしまうので、当然のことながら、インパクト後のヘッドスピードは減速してしまうわけです。

 このことから、実際に球を打った場合の測定値は、ダウンスイングして測定可能エリアにヘッドが侵入してからインパクトまでの間の最速値ということになります。

 素振りと実際に球を打った際の測定値にかなり違いが出て困惑する人もいるかと思いますが、違いが出て当たり前です。

 と言うか、素振りの測定値が実際に球を打つ際よりも速い場合には、インパクト以降までしっかり加速できているので、当たり負けしないエネルギー効率的に正しいスイングと言えます。

 かたや、素振りと実際に球を打った際の測定値が変わらない場合は、インパクトで丁度最速を向かえているか、もしくはインパクト前にヘッドスピードが最速になり、インパクトまでに減速している可能性すらあります。

 真っ直ぐ飛ぶにもかかわらず、ヘッドスピードの割には飛距離が出ない場合には、こういう減速スイングをしている方が多いものです。

 素振りで出た値を自身のヘッドスピードと捉えるのには誤解があるものの、スイングの覚え方としては素振りの値が高く出るように振ることが正解ということですね。


 飛距離アップテクニック カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

プレーンを外さずに速度を上げる沈み込みと伸び上がりの方向とは?!

2018年01月01日 11:12

 ダフリやトップの原因とされる沈み込みや伸び上がりですが、飛距離が300ヤードを超えるような選手が利用している必須動作の一つでもあります。

 アマチュアとの沈み込み・伸び上がりと決定的に違うのは、方向とタイミングです。

 まず、ここではスイング加速に寄与する沈み込みと伸び上がりの方向について説明します。

 沈み込みと伸び上がりというと鉛直方向に上下動する動きをイメージするでしょうが、飛ばし屋が利用しているのはちょっと違い、クラブプレーン(クラブのライ角に沿った面)に対して、上下動しています。

 沈み込みはクラブプレーンに沿って斜め下方向へ、伸び上がりはクラブプレーンに沿って斜め上方向へ。

 クラブプレーンと平行に上下動させるのは、スイングプレーン上の円軌道をクランク機構のピストンのような直線的な往復運動を利用して、ヘッドスピードを加速させるためです。

 ここでタイミングとの兼ね合いが必須となるのですが、まずは沈み込みと伸び上がりの方向を揃えておくことが先決です。

 「体重移動は左足の母指球に向けて荷重をかける」と云われますが、母指球に対して真上から真下に荷重をかけるのではなく、クラブプレーンと平行な斜め下方向に母指球へ荷重をかけていきます。

 これが正しい沈み込み(腰掛け動作・スクワット動作)の方向になります。

 飛ばし屋に共通するのは、この沈み込みと切り返しを同時に行い、切り返しでストレッチショートニングサイクルを活用しているという点です。

 ストレッチショートニングサイクルを利用できると、トレーニングによる筋力アップ無しにそれだけで筋出力が2~3割増しで発揮できるため、劇的にヘッドスピードが加速してしまいます。

 余りにも劇的に加速してしまうので、ほんの少しの方向のズレで、スイングプレーンの軌道から簡単に外れてしまうほどです。

 ですから、ストレッチショートニングサイクルが働く方向と平行に沈み込みの方向を整えておく必要があるというわけです。

 ただし、これだけではまだ不十分です。

 それまでインサイドインのスイング軌道だった場合、切り返しからの急速な加速度アップによって、インサイドアウトの軌道が助長されて変形してしまいます。

 そのため、クラブパスの変化によって、フック回転が促進され、ストレートボールの持ち球の人でも常時チーピンが出るほどになります。

これを補正する方法として利用できるのが伸び上がり動作です。

 「体重移動は左足の踵方向に荷重をかける」と云うのは、この伸び上がりでの2段階目の荷重移動を示したものです。

 こちらも真上から真下にではなく、クラブプレーンに平行に荷重をかけていくことが大切です。

 これができているかどうかはインパクトでの左膝の伸びで判断できます。

 インパクトで左膝が伸びる動きもスイング軌道を外す悪い動きと考えられがちですが、こちらもクラブプレーンに沿って斜めに伸ばされることによって、スイングプレーンから外れること無しにスイングの最終加速に役立ってくれます。

 それと共に、ストレッチショートニングサイクルによって、インサイドアウト軌道を余儀なくされたものをアウトサイドイン側に補正する機能もあります。

 沈み込みと伸び上がり動作は、飛ばし屋にとっては2段階加速機構になっていると共に、2つがセットとなって初めてスイング軌道を整えることができるというわけです。

 単独では非常に使い勝手が悪く、ゴルフスイングにはとても利用できそうにない代物ですが、二つ揃うと強力な武器にもなってくれる不思議な関係です。


 飛距離アップテクニック カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

体重移動のタイミングは見かけよりもずっと早い!?

2018年01月05日 12:37

 通常、レッスン本などのスイング解説では、スイングポジションの順にアドレス→ハーフウェイバック→スリークォータートップ→トップオブスイング→切り返し→・・・(省略)・・・→フィニッシュといった見た目の形で説明されていくことが多いものです。

 ただし、スイングに要する1・2秒程度という短い時間の中では、やりたいと思っていることと実際に結果として現れることは違ってきます。

 これは感覚器から情報をキャッチしてから運動器官が反応するまでには、神経伝達や情報処理に要する間にタイムラグが発生するからです。

 それゆえ、100m走のフライング判定では、人間の反応時間を考慮して、号砲から0.1秒以内にスタートを切った選手をフライングと判定しているわけです。

 ゴルフスイングをポジション毎に分析するのは有効な手段ではありますが、細分化された各シーンの中でそれを再現しようとする場合には、このタイムラグの影響を考慮してやらないと失敗してしまいます。

 ここで冒頭のスイングポジションの順番に話は戻ります。

 飛ばし屋と呼ばれる人は、ヘッドスピードが速いということは当然ですが、それ以上に切り返しのタイミングが想像以上に早いものです。

 『切り返し』とは、『トップオブスイング』を迎えた後に間を入れて行うものだと考えている人も多いでしょうが、飛ばし屋と呼ばれる人達がやっている事とはだいぶ違います。

 まず、一つは先ほどのタイムラグの問題です。

 『トップオブスイング』の後に切り返そうと命令しても、身体が反応するまでにオーバースイングになってしまうということ。

 そうならないように、『トップオブスイング』の前のバックスイングの最中に切り返す意識が必要です。

 これとは別にもう一つ、飛ばし屋と呼ばれる選手の中には、ストレッチショートニングサイクルを有効活用するために、意図的に『切り返し』のタイミングを早くしている人がいるということです。

 ストレッチショートニングサイクルは、筋肉が伸ばされた状態で筋収縮されることによって、通常の2~3割増しの筋力を発揮する方法です。

 左体側部に張りを持たせた状態で収縮をするために、それこそスリークォータートップのタイミングで左足の踏み込みを始めている選手もいるほどです。

 飛ばない人は、一部の飛ばし屋と比較すると2段階もタイミングが遅い可能性があるわけです。

 ただし、『切り返し』のタイミングが早いと言っても、俗に言うところの『切り返し』のタイミングが早いとはちょっと違います。

 一般的に『切り返し』が早すぎると指摘される場合には、腕の力でクラブを振り下ろしており、下半身よりも先に上半身が動き始めてしまっている状態を指します。

 正確には『切り返し』のタイミングが早いのではなく、左足の踏み込みをきっかけとした本来の意味での『切り返し』が全くできていない状態と言えます。

 もう一つタイミングが遅い部分として、左膝を伸ばすタイミングです。

 理想的なフィニッシュでは、左足1本でもバランスが崩れないように、左膝が伸びて左足に体重が載った状態になっているものです。

 ただし、こと飛距離を伸ばす上では、左膝が伸びるタイミングはもっとずっと手前のインパクトです。

 本人が左膝を伸ばす意識はタイムラグもあるので、インパクト以前に行われているということになります。

 等速円運動では常に中心に向かって加速度がかかっており、円軌道を維持していますが、ここでの左膝を伸ばす動作によって加えられる加速度はそれを超えたものになります。

 飛ばし屋の驚異的なヘッドスピードは、円運動から逸れるほどの加速をタイミング良く与えることによって、スイングの最終加速を実現できているからこそ。

 どんなスポーツにでも言えることですが、運動神経が良く、センスが良いと言われる人ほど、足捌き(足運び)を重視して、先に下半身の動きから身につけていくものです。

 競技、技ごとに足捌きは違いますから、そこでのタイミングによって、リズムが生まれ、様になってきます。

 沈み込みや伸び上がりの方向については前回説明しましたが、足捌き(体重移動)のタイミングも併せて覚えていくことが大切というわけです。


 飛距離アップテクニック カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

逆フレイル構造ゆえ、ゴルフスイングの加速は難しい

2018年01月09日 13:41

 ゴルフのスイングが見た目ほど簡単ではないことは、ゴルフを経験したものであれば誰でも知るところです。

 これには扱う道具が大きく影響しています。

 ゴルフスイングの構造を道具に例える場合、フレイル(唐棹)が用いられることがあります。

 唐棹(からさお)とは、穀物の脱穀に古くから用いられていた農具の一種です。

 脱穀としては千歯扱き(せんばこき)などを用いる『梳き(すき)』とは違い、筵(むしろ)の上に広げた穀物を棒で叩いて脱穀する『打穀』に用いられます。

 長い竹竿(棹)の先端に回転する短い棒(打ち棒)を取り付けた形状になっています。

 唐棹は、唐竿、殻竿とも書き、連枷(れんか)、くるり棒、舞杵(まいきね)とも呼ばれ、まさにこの道具の動きや機能からこうした名が付けられたものです。

 西洋ではこの農具を元にフレイル(flail)という武器が開発されました。

 全身甲冑を身にまとった敵に対して、剣の攻撃では効果が薄いため、打撃による対抗手段として応用されたものです。

 沖縄のヌンチャクも同様に唐棹を元に開発されたとされています。

 唐棹には、打ち棒と棹の間を紐や鎖で繋いだものの他、打ち棒の運動方向を安定させるため、軸木で蝶番関節のように繋いだものまであります。

 ヌンチャクのように紐や鎖で繋いだものは、動きの自由度が高いため、正確に扱うには難しい道具ですが、振るだけで子供でも簡単に強い打撃を加えることができる構造ゆえに、武器に転用されたというわけです。

 このフレイル(唐棹)は、長い棹の先に回転する短い棒を取り付けた形状がみそです。

 長い棹を振るだけで、勝手に短い打ち棒の部分を加速してくれます。

 仮に、フレイル(唐棹)を逆さにして、打ち棒の部分を持ち、長い棹を振ろうとしてみてください。

 実際にやってみるとわかりますが、非常に扱いにくい道具となります。

 ゴルフのスイングは、このフレイル(唐棹)を逆さに持った状態に似ています。

 この場合、腕が短い打ち棒の部分、ゴルフクラブが長い棹の部分、手首の関節が紐・鎖・軸木などに該当するわけです。

 ただし、ゴルフクラブの場合にはシャフトに比べて、比較的重量のあるクラブヘッドが取り付けてあるので、クラブヘッドに遠心力を与える振り方ができさえすれば、方向を比較的安定させることができます。

 とはいえ、加速に向いた器具ではなく、誰でも簡単に加速させることができる道具とは言えません。

 ゴルフの初心者がゴルフクラブを振ろうとした場合、コックの解けたアーリーリリースになることがよく知られていますよね。

 これは扱いにくい逆さフレイル状態を解消するために、手首を真っ直ぐに伸ばして、クラブと腕を1本の棒状にしようと無意識に身体が反応した結果でしょう。

 スインガーのスイングも、常にヘッドに対して遠心力をかけ続けている点では同じです。

 シャフトの機能を紐と同義と捉えるのは、こうしたスイングタイプの人だったりします。

 ただ単に振っていれば、加速してくれるフレイル(唐棹)とは違い、ヘッドスピードを効率よく上げるためには、振り方を工夫してあげなければならないのです。

 それはシャフトを紐でなく、力を伝えるものとして、利用することになります。

 誰でも簡単には飛ばし屋になれないのは、身体能力の差もさることながら、シャフトにこうした機能を発揮されるためには、少し特殊な身体動作や道具の扱いを必要とすることも関係しているというわけです。


 飛距離アップテクニック カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

ほとんどのアマチュアに勘違いされているプロのスイング動作

2018年02月10日 12:55

 アマチュアとプロゴルファーの顕著な違いの一つに、飛距離の違いを挙げても誰も異論のないところでしょう。

 飛びの3要素と呼ばれる『ボールスピード』・『打ち出し角』・『スピン量』が飛距離に影響することが知られるようになって、もう随分と年月が経ちました。

 打ち出し角とスピン量との関係などは、最近の用具開発にも多大な影響を与え、年々プロゴルファーの平均飛距離を押し上げる要因の一つにもなっています。

 もう一つの飛びの要素である『ボールスピード』に関しては、物理を苦手とする者であっても、飛距離に影響しそうだということは想像に難くないはずです。

 この『ボールスピード』の値を上げるためには、『ヘッドスピード』か、『ミート率』か、もしくはそのどちらの値をも上げる必要があることは、今ではもうよく知られているところです。

 プロの場合には、打点やスイング軌道が安定していることもあって、ミート率に大差が生まれる余地はあまり残されていません。

 そのため、『ヘッドスピード』の差がプロ同士の飛距離の差として表れやすいというわけです。

 こうしたこともあって、飛ばすためには『ヘッドスピード』を上げることが、アマチュアの間でも至上命題とされやすい傾向にあります。

 これ自体は別に間違ってはいないのですが、『ヘッドスピード』≒『ハンドスピード』という勘違いが、プロのスイングからかけ離れてしまう決定的な違いになっています。

 プロとアマチュアのスイングを見比べた場合、どこが違うのかはわからなくても、漠然とではあるけれども、そこに何か決定的な違いが存在していることには気づいているはずです。

 『ハンドスピード』とは聞きなれない言葉でしょうが、クラブを握っている手元の速さともいうべきものです。

 腕振りの指標として使っても差し支えないと思います。

 対して、『ヘッドスピード』とは、クラブヘッドの速さの指標となるものです。

 手でクラブを握っているのだから、腕を速く振りさえすれば、ゴルフクラブの先に取り付けられたクラブヘッドも速く動きそうだと思うのは至極当然のことかもしれません。

 確かに手首を固めたロボットのようなスイングをした場合であれば、腕の振りを速くすれば、それに応じて『ヘッドスピード』が上がるでしょう。

 しかし、人間の手首はそもそも関節の役割があるわけですから、そんなにしっかりと固定することには向いていませんし、プロもそんなスイングはしていません。

 以前、スイングの逆フレイル構造について書いたように、ゴルフクラブとスイングの関係はただ振るだけで先端が加速されるフレイルとは構造を異にします。

 人間の身体自体も、身体だけであれば、身体の末端に向かうほど、短く、軽くなる構造をしているため、動物本来の動きをするだけで、運動連鎖によって、先端である指先まで苦も無く加速していきます。

 ただし、ゴルフではその指の先に、ゴルフクラブを持っており、そのゴルフクラブが指よりも大きく、重いという問題を孕んでいます。

 このため、フレイル(唐棹)の繋ぎ手部分のように、手首を単に柔らかく使うだけではクラブヘッドを加速できないということです。

 手首を常に固めるのでもなく、手首を単に柔らかくするのでもないところが、ゴルフでの手首の使い方が難しいといったところです。

 普通に振ったら、逆フレイル構造になってしまうものを身体の使い方を工夫して、クラブと身体の関係がフレイル構造に働くように、いかに扱うことができるかがスイングのポイントになっています。

 これと大いに関係しているのが、腕の使い方です。

 その中でも、腕のスピード変化に対する誤解が一番の問題となっています。

 一般的にクラブヘッドはインパクトまで加速を続け、ボールとの衝突による減衰がなければ、インパクトゾーン以降も加速するようにスイングすることが大事とされています。

 このため、インパクト以降も腕を振り続けてしまうという間違いを犯しがちです。

 実際には腕の加速は切り返しだけといっても過言ではなく、ビジネスゾーンに入る前から腕のスピードは減速を始め、インパクトでは最小になることが大事です。

 でも、これは単なる現象にすぎません。

 身体の大きな筋肉で発生したエネルギーが腕に伝わり、最終的にクラブに伝達できた過程で、結果的に腕のスピードが減速しているわけです。

 腕を止めてヘッドが加速する感覚を学ぶことは大切ですが、本来的にはクラブが走る結果として、インパクトに近づくに連れて腕の動きが減速してしまう動作を模索することの方が大事というわけです。


 飛距離アップテクニック カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

上体と腕の相対速度を0にすることが逆しなりを起こす手始め

2018年02月14日 11:47

 前回、多くの人が勘違いしやすい動作として、インパクトゾーンでも腕を振り続けて、腕を加速させてしまうという誤解を指摘しました。

 今回もその続きです。

 どうしたらクラブを加速させるために、インパクトゾーンで腕を減速させることができるか?

 その一つの答えがプロゴルファーのビジネスゾーンにあります。

 ビジネスゾーンの大切さが語られる際、注目されるのはスイングの再現性に関することほとんどです。

 でも、ボールの飛びに関する効能も大いにあります。

 その最大の利点が上腕を固定することができる点です。

 プロのスイングの場合、腕の位置が腰の高さよりも下にくるビジネスゾーンにあっては、胸の上に上腕を載せただけの状態になっています。

 アドレスの際にグリップしたまま、上段の構えのように両腕を上げ、ゆっくり降ろしてくると、胸の上に上腕が収まります。

 これが一般的に脇の締まった状態と言われるものです。

 この状態をビジネスゾーンの間、終始維持しています。

 もし仮に胸の上にあなたとは別の小さな観察者Xがいるとした場合、胸から上腕の相対速度を測れば、0になります。

 どんなに上体が速く回転していたとしても、土台としての胸の上に上腕が載っているだけで、観察者X(胸)には上腕自体が静止している状態に見えるわけです。

 こうした相対速度が0になる固定した状態になっていると、物をしっかりと支えることができるメリットがあります。

 加速に必要な運動連鎖を起こすためには、今まで運動していた部位が次の部位に運動エネルギーを伝達する際に、今度は土台となって動かないということが大切な要素になります。

 そうした意味で、ビジネスゾーンの外側では胸から見て上下に動いていた腕を、ビジネスゾーン内ではクラブに運動エネルギーを受け渡す土台となるために、胸の上に固定される必要があるのです。

 全体としての動きから、動いているように見えるにもかかわらず、エネルギーが伝達される段階では相対的に固定されなければならないというのが最初の課題になるわけです。

 とはいえ、ビジネスゾーンの間、腕の動きを止め、脇を締めた状態を保つことは比較的簡単です。

 ある程度スピードの乗った切り返しができていれば、これだけでもインパクトでのシャフトを逆しなり状態にもっていくことができるようになります。

 飛ばし屋の場合には更に一工夫して、腕を止めているのですが、それはもっと高度なテクニックなので、別の機会にします。

 まずは、腕を横に振るのを止める決意が必要です。

 腕の横移動をさせにくくするために、肘を横に向けず、両肘が下を向くようにしてからグリップすることをおすすめします。

 肘の関節の機能を上下の動きにだけ制限させるためですし、肘の関節が横方向に折れて、横向きに力が漏れるのを防ぐためでもあります。

 後は、ビジネスゾーン内では上腕を胸の上に載せて相対的に動かさず、上体を回すことだけに専念することです。

 ただし、下半身を止めて、胴体だけの力で上体を回すと、上体を回せる範囲は狭くなり、ビジネスゾーン全体では窮屈になるはずです。

 脚の曲げ伸ばしも使って、上体を回せば、上体を回せる範囲が広がり、腕を一切振らなくても、ビジネスゾーンを自然にカバーできるようになります。

 一般的な観察者から見ても、腕を止めることが大切ですが、腕の速度を減速させる第一段階として、まずはこの胸と腕の相対速度を0にすることから始めてみてくださいね。


 飛距離アップテクニック カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る


最新記事