人気ブログランキングへ 

捻転差の大きさよりも飛距離アップに貢献してくれるものとは?

2017年03月01日 09:19

 飛ばし屋のスイング解説をする場合、必ずと言っていいほど取り上げられるのが下半身と上半身の捻転差。

 実際のところ、捻転差がゴルフスイングにとって大事であろうことは、誰しも漠然と認めるところでしょう。

 でも、捻転差に関しては誤解が多いものです。

 そのひとつが下半身と上半身の捻転差が大きいほど飛ぶと勘違いされている点。

 一般的に捻転差と云った場合、トップポジションで、ヒップターンによって腰が右に約45度回転した状態とソラックスターンによって肩が右に約90度回転した状態との約45度の角度差のことを思い浮かべることでしょう。

 これはこれで意味のあることなのですが、飛ばし屋に共通する捻転差とは別物です。

 もし、捻転差を大きくして飛ばそうとする意図で、ショットをする前にストレッチを行っているとしたら、大問題です。

 運動する1時間以内に可動域を広げる静的ストレッチをしてしまうと、一般的にスピードに関するパフォーマンスは低下してしまうことが、運動生理学の分野では常識となっています。

 こういう急性的な可動域の拡大は、飛距離アップには貢献してくれないばかりか、害にすらなります。

 それでは飛ばしに貢献してくれる捻転差とは何なのか?

 そもそも下半身と上半身の捻転差とは、下半身が上半身よりも先行する下半身リードによって生じるものです。

 ただし、スイング軌道の再現性を目的とするものとスイング加速のためのものとでは、下半身リードの性質も異なります。

 どちらも『引く』ことのメリットを主眼としたものですが、スイング軌道の再現性のための下半身リードでは、スイング中終始、捻転差が維持され続けるのに対し、スイング加速のための下半身リードでは、一時的に捻転差に小さな変化が生じます。

 この変化する捻転差は、左腕から左広背筋にかけての部分の伸びによるものです。

 模範的とされる切り返しの動作では、トップに至る前、クラブがバックスイング側に動いている最中に、下半身はクラブの運動方向とは反対側に先行して動き出します。

 この時、バックスイング側にまだ慣性移動しているクラブとは反対方向へ動きを下半身が導くことによって、主に身体の左腕と左広背筋の部分が両方向へ引き伸ばされることになります。

 これがいわゆる切り返しの『間(ま)』というものです。

 『間』と言うと、トップポジションで1拍待ってから打ちに行くイメージを持つかもしれませんが、仮に1拍待てば、その間もクラブは慣性で進み続けるので、トップポジションを通り越してクロスオーバーしてしまいます。

 『間』と云うのは、待つ際にできるものではなく、はたまた同時に動くどころか、バックスイングの最中に下半身が動き出す際にできるものとイメージし直してくださいね。

 クラブがまだバックスイング中に下半身が動きだしても、身体が引き伸ばされるので、傍から見ると、一瞬止まったように見える『間』が生じるだけです。

 とはいえ、引き伸ばされる伸び代部分は腱の部位だけですから、捻転差と呼ぶには余りにも小さな変化ではあります。

 それでも、上半身と下半身を同時に切り返した場合とは比べ物にならないくらいの威力を発揮してくれます。

 以前にストレッチ・ショートニング・サイクルとして紹介したとおり、筋肉は単に収縮するよりも、引き伸ばされた後に収縮した方が大きな筋力を発揮できます。

 それは筋出力と発動レベルが反比例する7つの筋肉の種類に着目し、遅筋よりも発動しにくいが、収縮速度の速い速筋を稼働させるための方策でした。

 ここで重要なのは筋出力の違いだけでなく、力の働く方向も大事です。

 単に下半身と上半身の捻転差を大きくしようとして、無理やり身体の力で捻りあげても、それが戻る際に、その力は飛球線とは正反対の方向に向い、遠回りの軌道を描き過ぎるため、ダウンスイング側へ加速させることは方向的に難しくなります。

 これに対して、慣性移動しているクラブの運動を利用すれば、クラブの慣性エネルギーが消費された瞬間に、左広背筋に引かれて、身体の近くを腕が内回り軌道で下りてくるため、ダウンスイング側へ加速させることが方向的にも容易になります。

 下半身リードの感覚を掴むのには、上下で引っ張り合いをするイメージで動作を開始することが大切です。

 上半身と下半身が同時に動いてしまっている人は、開始のタイミングが遅過ぎます。

 クラブが真上に上昇しているイメージの時に、膝から力を抜いて身体全体が落ちる自然落下するイメージで、身体が上下に引っ張られる感覚を掴むくらいで丁度良いかもしれません。

 これができると、次の行程のクラブが自然落下させることもできるようになり、ハーフウェイダウンのポジションまで上半身が打ちにいかずに済むため、そこまでタメを深く維持することができるメリットもあります。

 もし、飛距離を伸ばしたいと考えているのなら、捻転差を大きくしようとするよりも、クラブの慣性力を利用した下半身リードを身につけてみてくださいね。


 飛距離アップテクニック カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る
スポンサーサイト

スイングの美味しいところを利用しないのは損!?

2017年03月25日 15:07

 ゴルフクラブの進化とともに、その道具に合わせてスイングも変化していると言われています。

 確かに、ヘッドの素材はパーシモンからメタル、現在はチタンへと変わり、軽量化によって、様々な形状で、ヘッド容量も大きくなってきました。

 シャフトの素材にしても、ヒッコリーからスチール、現在はカーボンへと変遷し、工業製品の安定性というだけでなく、剛性・弾性などの性能もアップし、こちらも軽量化が図られ、目まぐるしく変化し続けています。

 ただし、ゴルフクラブの性能が向上しているとは言っても、刀が斧や槍へと変わったわけではなく、ゴルフクラブとしての基本的な形状・性質は保たれたままです。

 ゴルフには伝統を重んじる規制がゴルフ規則の中には折り込まれていますから、これは当然のことです。

 道具の進化によって、いままでのスイング理論はまったく意味を成さないなどということはありません。

 中にはキャッチコピー的に従来の理論を一新するような文言が使われるケースもありますが、その中身も従来あるものの延長線上にあるものにすぎないか、まったく論拠に乏しい独り善がりな解釈であったりします。

 ゴルフは長い歴史の中、いろいろと方法論が試されてきました。

 その中で今まで消えずに残った技術に関しては、何らかの有意義な部分があるとみた方が賢明だと言えます。

 タメを作るスイングにしても同様です。

 プロゴルファーの間では、タメの比重は年々低くなってきています。

 最近では体幹の動きを主体としたスイングがスイングの安定性の面から重視されていますが、これはトレーニング方法が発達した結果、スイングのエネルギー効率を無視しても、この非効率さを体力面で補う方法があるからです。

 それでも、タメが必要無くなったわけではなく、そのマイナス点の部分を排除した形で利用され続けています。

 アマチュアの場合、プロアスリートのようなトレーニングはなかなか望めないわけですから、タメのプラス部分を利用しないのは損にしかならないとも言えるくらいです。

 それではタメのプラス部分とはなんでしょうか?

 それはゴルフをしている人であれば誰でも聞いたことがあるくらい有名なことです。

 そう、ヘッドスピードが上がるということです。

 ただし、タメを作れば、即飛距離が伸びるわけではありません。

 でも、一度作ることができれば、リリースする瞬間だけはヘッドスピードは劇的に上がってしまいます。

 これはアーリーリリースの人でも一緒です。

 リリースのタイミングが早い人では肩口、平均的なアベレージであれば、腰の高さでくらいまでにはタメのリリースが済んでしまいますが、この瞬間だけはクラブヘッドの動きが速くなっています。

 シャッタースピードを速くした高速連写やハイスピード動画撮影できるカメラで撮影して、一コマずつ送って確認してみれば、一目瞭然。

 それまでなかなか先に進まないヘッドの動きが、急激に大きく動くコマを見つけることができるはずです。

 それこそ、「ワープしたの?」と訝しむほどの激変ぶりです。

 それは手首のコックを解いた瞬間と右肘のタメを解いた瞬間の二箇所。

 この二箇所の加速域をインパクト領域に持ってくるのがプロの技というわけです。

 ただし、余りにも劇的に加速するためにデメリットもあります。

 少しでもタイミングが狂えば、入射角が安定しないという点が第1の欠点。

 急加速によって、スピン量も増えてしまうのが第2の欠点です。

 プロのスイングが、タメを抑えて体幹スイングでパワーを補う方向に移っていったのはこうした理由からでもあります。

 例えば、30歳後半のセルヒオ・ガルシアが今でもヘッドスピード55m/s程度を保っていられるのも、このタメのお陰様ですし、そのデメリットのため、同程度のヘッドスピードを出せる体幹を鍛えた若い選手に比べて、幾分かは平均飛距離で負けてしまうのも、致し方ないことです。

 プロにとっては若干のデメリットはあるものの、アマチュアが見逃してしまうには余りに惜しい部分です。

 ただし、アマチュアのほとんどができないことを考えると、確かに難しい技術であることには違いありません。

 自力で左肩を動かした瞬間にタメはリリースしてしまいますから、プロは幾つかの技術でこれを防いでいます。

 バックスイングではコックを入れないで、関節を柔らかく保ったまま、下半身リードの切り返しで、遅めにタメを作ることもそのひとつ。

 バックスイングでは右膝の位置を保ったままにして、その反動で静かに下半身を戻すのも、左肩の力で肩を戻さず、下半身の動きでタメをリリースさせない方策のひとつ。

 切り返しの後、腕を真下に落とすのも、タメをリリースさせずに、インパクトのできるだけ近くまでクラブを進める技術のひとつです。

 腕を落として、ハーフウェイダウンの位置になって初めて、方向転換して振り出すことによって、タメのリリースをインパクト付近まで遅らせているというわけです。

 ヘッドスピードの遅い人がこのスイングの美味しい所を利用しないのは勿体ない話です。

 スイングの再現性では劣るため、自分が指向するゴルフの好みによっては邪魔になる部分もあるかもしれませんが、飛距離を望む上では避けては通れない大切な技術というわけです。


 飛距離アップテクニック カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

飛ばし要素となる前傾姿勢とは?!

2017年03月29日 13:37

 ゴルフレッスンを受けたり、ゴルフスクールに通ったりしたことがある人は、必ずと言っていいほど、前傾姿勢の大切さを教え込まれます。

 レッスン本から独学でゴルフを学んだ人にしても、その重要性に気づかずに読み飛ばしていたとしても、読んだ本の中のどこかには、前傾姿勢の大切さが語られていたはずです。

 これほどまでに重要視されてきた前傾姿勢ですが、その内容はスイングの再現性に関するものがほとんどしょう。

 その内容というのは、スイングは楕円軌道となるため、スイングプレーンに対して直角な軸を用意してあげること。

 クラブ設計通りのライ角に沿ったスイングプレーンを作るには、そのスイングプレーンの面に対して直角になる角度まで、上体を前傾させることが必要とされます。

 これをもって、スイングが歪まず、プレーン上を滑らかに振ることができるというものです。

 これまではゴルフをしてきた者なら、誰でも聞いたり、読んだりしてきた内容なので、改めて詳しく説明する必要はないでしょう。

 ここで問題とするのは、スイング中にプロがこの前傾姿勢を保っているかという点です。

 その週に調子の良い選手のスイングを取り上げて、スロー再生を見ながら、解説者が「前傾姿勢が崩れず、頭の位置が変わりませんね。」なんてコメントをすることを目にする機会が多いと思います。

 実際、アマチュアと比べれば、相対的に前傾姿勢が保たれ、頭の位置も激しく変化しないのですが、「あれ?結構、変わっているよね?」と疑問に思った方も多いはず。

 そうなのです。

 プロの中には前傾姿勢をかなり変化させるタイプの選手がいるのです。

 特に最近の選手は幼少期からゴルフに親しんだボーンゴルファーであることに加え、プロツアーで活躍する年齢も若年化していることもあって、そのジュニア時代のスイングが色濃く残る傾向が強まっています。

 体重も少なく、身長も低い子供達が一生懸命に飛ばそうとして、本能的に編み出すジャンプアップスイング。

 膝の曲げ伸ばしによって、スイングの回転軸の一つである左肩を上下にタイミング良く引っ張って、回転するクラブを加速させています。

 無意識の沈み込みとジャンプによって、ストレッチ・ショートニング・サイクルの原理をスイングに取り込んで、加速に利用しているのにはただただ驚くばかりです。

 スイングの再現性が悪くなるからといって、大人が止めさせる傾向があるのは残念なところでもあります。

 このジャンプアップスイングが再現性に対して悪さをするのは、正しい前傾姿勢を取っていない人、もしくは身体の硬い人だけの話。

 仮に前傾が浅い棒立ち姿勢だと、沈み込みにしても、ジャンプの伸び上がりにしても、その上下動がそのままスイング面を上下に揺さぶってミスが出てしまうことは、周知のとおりです。

 ただし、スイングの再現性を高める前傾姿勢の役割は、何が何でも前傾角度を保つということではありません。

 通常、沈み込みと伸び上がりの相殺で、上下動の帳尻を合わせて、頭の位置が上がり過ぎるのを防ぎ、スイングの再現性を妨げないというだけの目的ですが、さらなる進化形が存在します。

 飛ばすためのエネルギーがスイングの再現性に対して悪さをするのを柔軟性で吸収してしまうのがその役割です。

 そのためには前傾姿勢を保つ意識ではなく、股関節を柔らかく保ち、膝を曲げて沈み込んだ後、膝を伸ばすと同時に腰全体を後ろに引くことによって、前傾角を大きくする動作が利用させています。


 腰全体を後ろに引くことによって、前傾角を大きくして、より積極的に頭の位置を更に下げて、最終段階のフォロースルーからフィニッシュまでのヘッドの加速にも利用しています。

 インパクトで頭を下げて、深くなった前傾角の分だけ、左肩の回転を上向きに働かせる余地を作って、重力加速度の方向と合わせて、更なるスイング加速に利用している選手がいる点も見逃せません。

 積極的に足を使った上下の動きは、柔軟性を失った人にとってはマイナスになることも確かです。

 ですが、柔軟な身体を持つ者にとっては、股関節を柔らかく保ち、前傾姿勢を変化させた重心コントロールによって、再現性でマイナスにならずに、飛距離の面でプラスになる動かし方もあるということを覚えておいてくださいね。

 身体の硬くなった中年男性では、まずはストレッチからになりますが・・・。


 飛距離アップテクニック カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る

素振りは実際に打つときよりもヘッドスピードが速いのが正解!

2017年05月27日 11:49

 一昔前とは違い、大型店のゴルフショップだけでなく、ゴルフ練習場であったり、廉価版のヘッドスピード測定器が販売されていたりと、自分のヘッドスピードを測れる環境には恵まれています。

 実際にヘッドスピードを測ってみると、測定値にかなり違いがみられる場合が多々あります。

 これは測定誤差が大きいということよりも、むしろ設定誤差が大きいということに起因しているようです。

 例えば、ゴルフクラブを売りつけたいと考えるショップは、ヘッドスピードが速いと煽てて気分良くするために、ヘッドスピードの測定値が高めに出るように設定された機械を使用する傾向があることは昔から噂されているところです。

 市販の廉価版ヘッドスピード測定器は、最初はシャフトの先端に取り付けるバネタイプの簡素なアナログ式のものでした。

 その後、磁気テープをヘッドに貼るデジタル式のプロギア『ヘッドスピードステスター』が発売されました。

 やっとデジタル化された測定値を気軽に測れる気分を味わえたものです。

 ただし、測定器の傍を磁気テープが通らないと、測定ができず、初心者にはかなり緊張を強いられるという弱点がありました。

 2007年に発売されたブリヂストン『サイエンスアイポータブル』もまた磁気テープタイプでした。

 2008年にはマグネットテープが必要とせず、レーダー測定の技術を利用したユピテル『ヘッドスピードテスター GST-1』が発売されたのは画期的な出来事でした。

 その後、アトラス『ゴルフスイングトレーナー(GST)』シリーズとして、廉価版ヘッドスピード測定器の主流になっていきます

 また、初期型のGST-1が発売された翌2009年には、ユピテル製でプロギアOEM製品のプロギア『レッドアイズポケット』が発売されています。

 以前、こうした廉価版のヘッドスピード測定器を同時に並べて測定したところ、

ヘッドスピードステスター > ゴルフスイングトレーナー > レッドアイズポケット

 の順で、2~3m/sずつ測定値が低く出たのを記憶しています。

 自分のヘッドスピードを測る機会は増えたにしても、本当のところは自分のヘッドスピードがどの程度なのかという疑問はまだまだ残るかもしれませんね。

 こうした各測定器による値の違いはあるものの、測定器毎の測定誤差はそれほど大きくないので、これから飛距離を伸ばそうとする場合には初期値として充分使用できます。

 飛距離はヘッドスピードだけで決まるものではないので、あくまでも目安として使用することにはなりますが、フィードバックするための手掛かりの一つになることは確かです。

 さて、お題の素振りと実際に球を打つ際のヘッドスピードの違いです。

 磁気テープタイプはインパクトゾーンのヘッドスピードを測るものでしたが、移動体を検知するレーダータイプで、素振りを測定した場合には測定範囲の中で最速の測定値を表示することになります。

 素振りでのスイング中、インパクト前が最速であっても、インパクトゾーンで最速になっていても、はたまたインパクト後に最速になっていたとしても、その最速値が同じであれば、その値がそのまま表示されます。

 素振りで出た高い値は、インパクト時のヘッドスピードを必ずしも示すものではないということです。

 実際に球を打つ場合、インパクトでボールとヘッドが衝突すると、ヘッドのエネルギーがボールの加速に消費されてしまうので、当然のことながら、インパクト後のヘッドスピードは減速してしまうわけです。

 このことから、実際に球を打った場合の測定値は、ダウンスイングして測定可能エリアにヘッドが侵入してからインパクトまでの間の最速値ということになります。

 素振りと実際に球を打った際の測定値にかなり違いが出て困惑する人もいるかと思いますが、違いが出て当たり前です。

 と言うか、素振りの測定値が実際に球を打つ際よりも速い場合には、インパクト以降までしっかり加速できているので、当たり負けしないエネルギー効率的に正しいスイングと言えます。

 かたや、素振りと実際に球を打った際の測定値が変わらない場合は、インパクトで丁度最速を向かえているか、もしくはインパクト前にヘッドスピードが最速になり、インパクトまでに減速している可能性すらあります。

 真っ直ぐ飛ぶにもかかわらず、ヘッドスピードの割には飛距離が出ない場合には、こういう減速スイングをしている方が多いものです。

 素振りで出た値を自身のヘッドスピードと捉えるのには誤解があるものの、スイングの覚え方としては素振りの値が高く出るように振ることが正解ということですね。


 飛距離アップテクニック カテゴリ 〔サイトマップ〕
 サイトマップ〔トップ〕へ戻る


最新記事